コメチカ日記

仙人を目指す、バーチャル大学生の手記

お家で手軽に台湾まぜそば!!「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」に驚かされました・・・

f:id:kometika:20180514224603j:plain

 

今回はお店の紹介・・・ではなく、自宅で簡単に作れる台湾まぜそばの紹介です!

 

ぼくは無類の油そばまぜそば好きでして、今までいくつかのお店を紹介してきました。

 



はっきり言ってまぜそばの味に関しましてはかなりうるさいと思います。正直言って、まぜそばの袋めんなんて

 

こんなの食べても、ガチャガチャで同じものが3回連続で出るのと同じくらいがっかりするだけ

 

と思い込んでおり、まぜそば好きだからこそ、あえて食べないという選択をして生きてきました。

 

しかし、先日たまたま機会があってこのまぜそばを食べてみたんですが、これがまぁビックリ。

 

え・・・これ・・うまい・・・これ、うまーーーーーい!!!!

 

今どきの、袋めんってこんなにおいしいんですね。

 

本当にちょっとした感動まで覚え、今までの自分の愚かさに対する自己嫌悪の末、悟りを開いてしまう寸前まで行きましたが何とか帰ってこれました。

 

今回はそんなついつい悟りを開きたくなっちゃう驚きの袋めん。「まぜ麺の匠 台湾まぜそばをレビューしていこうと思います!

「まぜ麺の匠 台湾まぜそば

 

 

「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」は2016年 2月29日(月)に日清食品さんから全国発売された商品のようです。


商品の特徴として、

 

しっかりとしたコシが特徴の極太麺。

しょうゆをベースに、鶏、豚、魚介の旨みと唐辛子の辛みを利かせた旨辛だれ。

豊かな旨みと香りが広がる特製魚粉。

 

などを掲げており、かなりこだわりが感じられます。

 

お値段は、1パック(2人前)343円(税別)と基本的な袋めんとだいたい同じ値段といったところでしょうか。しかし、普通にお店で食べると考えればかなり安いです。

 

「まぜ麺の匠 油そば 」も同時期に発売されたようなんですが、今も販売されているのかちょっとわかりませんでした。もし見つけた際にはこちらに追記しようと思います!

 

 

また、同系統の商品として「まぜ麺の匠 汁なし担々麵」は、現在も販売されているようです!こちらも気になるので近々食べたいですね!!

 

食べてみた感想

 

それでは、実際に食べてみた感想です!!

 

f:id:kometika:20180514221938j:plain

 

まず、こちらが実際に作ってみた写真になります

 

作り方は、沸かしたお湯で麺を4分30秒ほど湯でて、具材入りのタレをかけて完成です。

 

料理はそんなにしないぼくでも作れるくらいに簡単でした。

 

なお、ネギと卵はついてきませんので、お好みで入れたい方は別に買う必要があります。

 

 

味は、しっかりとした本格的な台湾まぜそば

 

たかだか、袋めんと思って食べると本当にびっくりすると思います。

 

ただ、慣れてくると少し味が濃く感じますね。タレを少しすくなめに入れるくらいがちょうどいいかもしれません。

 

 

今回は、トッピングでネギと卵を足しましたが、他にも色々な具材を入れると、もっと本格的な味になりそうですね。次はかつおぶしを入れてみようかなと考えています。

 

なんにせよ、これだけ簡単かつお手頃な価格で食べられるなら文句なしに大満足です!!

 

おわりに

 

f:id:kometika:20180514234409j:plain

 

 という訳で「まぜ麺の匠 台湾まぜそばの紹介でした!

 

ネット通販では、3パック(6人前)からしか購入することが出来ませんが、全国のスーパーで1パック(2人前)が普通に販売されていると思います!

 

気になった方はぜひ食べてみて下さい!!

 

 

以上、まぜそば大好き近松おこめがお送りしました!

最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

お知らせ


5月中にTwitterのフォロワー1000人目指してます!
達成出来たら、「感謝の100キロマラソンを行いますので、よかったらフォローしてください!!