コメチカ日記

仙人を目指す、バーチャル大学生の手記

上達と慣れはちがうもの【仙人を目指す男の戯れ言】

f:id:kometika:20180516114035j:image

 

どうも。仙人を目指す大学生。近松おこめです。

 

突然ですが、このような経験はないでしょうか?

 

ある日とつぜん、ランニングをしようと思い立ち、最初は1キロ走るとヘトヘトになっていたのが、だんだん1キロくらいなら平気で走れるようになっていたとか。

 

最初は時間ギリギリまでかかっていた仕事が、いつのまにか余裕を持って終わらせられるようになっていたとか。

 

きっと多くの人が似たような経験を持っていますよね。

 

そして、これらの経験は、自分がうまくなったからだと考えている方が大半だと思います。

 

 

しかし、これらは単純に身体が慣れただけのことで、一概に上達したからだとは言えません

 

 

基本的に毎日走れば、身体が適応し、1キロくらいなら楽に走れるようになります。

 

なにも考えず、ただ走っているうちに1キロを楽に走れるようになったなら、それは身体が慣れただけです。

 

同様に余裕を持って仕事を終わらせられるようになったのも、なにかを考えて仕事をしてきたのでなければ、ただ作業をこなすのに慣れただけだと言えます。

 

 

上達と慣れは全くの別物です。

 

この事は最近、こうしてブログを書き始めて思い知らされた厳しい現実でした。

 

頭を使わず、ただ書き続けても、文章を書くという行為に慣れるだけで、読みやすい文章や分かりやすい例えを書く能力はいつまでたっても上達しないんです。

 

この事実を正しく理解している人が、成功するんだと思います。

 

上達と慣れはちがうもの

 

心に刻んで生きていきましょう。

 

以上、仙人を目指す男。近松おこめの戯れ言でした。

 

お知らせ


5月中にTwitterのフォロワー1000人目指してます!


達成出来たら、「感謝の100キロマラソンを行いますので、よかったらフォローしてください!!