当サイトは整備中です。一部リンクが切れている可能性もありますのでご了承ください。

【投資失敗談】仮想通貨に70万以上突っ込んでボッコボコにされた話

体験談

どうも、稲刈おこめ(@kome_tika)です。

2020年8月2日現在ですが、仮想通貨Bitcoinが久しぶりの高騰を見せ、2017年末以来の高値になっているそうですね。

ビットコイン高騰背景に日韓の出来高増 イーサリアム・XRPも重要節目を突破
ビットコインの終値を1万1351ドルと、2017年末のバブル相場以来の高値となるなか、8月もその勢いは失速する様子がない。イーサリアム(ETH)が16%高の4.2万円、XRP(リップル)が14%高の31.2円とTop3が好調だ。

きっと界隈は大きな盛り上がりを見せているんでしょう。

しかし、ぼくは苦々しい顔になるのを止められずにいました。

というのも、3年前の同じような状況だったあの時を思い出さずにはいられないからです、、

というわけで、今回はぼくの大馬鹿な話を供養と注意喚起も込めて語らせて頂こうと思います、、、

あー胃が痛い、、、

仮想通貨に70万以上突っ込んでボッコボコにされた話

まぁタイトルにもあります通り、ぼくは仮想通貨に70万以上突っ込んでボッコボコにやられたんです。

証拠画像

当時はちょっと目を離せば価格が上がるみたいな状況だったので、まだ学生にも関わらずお年玉貯金とかバイト代をほとんど使って特攻しちゃったんですよね。

一時は100万円とか余裕で超えて、

 

おこめ
おこめ

ぜはははは!!!

おこめ
おこめ

人の夢はあああ!!!!

おこめ
おこめ

おわらねえええええええ!!!!!

 

とか言ってたんですが、盛者必衰なのが世の常。

遠慮のなき大暴落により、気付けば30万弱が消失

買っていたのがビットコインとイーサリアムだけならまだしも、俗に言う草コインとかも買っちゃってて、お金が一切残らなかったものもありました。

 

おこめ
おこめ

あ、、あ、、、

 

人って本当にやばい状況になると麻痺しちゃうんですよね。

棒アニメ映画のカオナシさんの如く「金だ!金をだせ!」と言い歩いてみても、現状は全く変わりません。

学生で使えるお金が多くなかった事と、レバリッジ取引までは手をつけていなかった事、あと一応余剰資金でやっていたのが幸いして、ギリギリ致命傷は避けられましたが、本当に肝を冷やした体験でした、、

他人の言葉を鵜呑みにしたら絶対ダメ

あの時の事件でぼくが学んだのは1つ。

他人の言葉は鵜呑みにしては絶対ダメです。

当時は仮想通貨に対して色々な持論を持つ人がたくさんいました。

 

ある男性
ある男性

これがめっちゃキテる!!これ買っとけば億り人!!

ある男性
ある男性

今売るとかアホすwwwガチホ安定キタコレでしょwww

 

とか、本当に色々な意見がありましたが、バカなぼくは全部言う通りにしてました。

 

おこめ
おこめ

これを買えばいいんだな。よし買おう

おこめ
おこめ

ここで売った方がいい気がするけど、持っておく方がいいならそうしよう。

 

もちろん正しかった事もあります。

でも、決して正しかろうと、自分の頭を使っていなかった以上、ぼくが行っていたのはただのギャンブル。

仮に勝ち続けていたとしても、いつか必ず負けていたでしょう。

そうして負けた後、名も知れぬ誰かに腹を立ててもお金は返ってこないんです。

結局、損するのは自分だけ。

なまじ、自分で下した判断じゃないので余計に腹が立つ結末となります。

あなたは仮想通貨がどういうものか知っていますか?

今回の値上がりを受けて、また多くの人が色々な意見を出しているのを見かけました。

それを見て買おうとする人も大勢いるかと思いますが、少し待ってください。

 

あなたは仮想通貨がどういうものか知っているでしょうか?

 

どういう仕組みで動いていて、どうして価値があると思われているのか、どんな将来性があるのか。

この質問に対して自分の答えを持っていない人は、悪い事は言わないので買わない事をお勧めします。

買ったら儲かるかもしれませんが、なんの知識も経験も残りませんし、次に同じような事をして失敗するのがオチです。

偉そうな事を言っていますが、これはあの頃のぼくに向けて書いています。

もしあの頃のぼくが少しでも仮想通貨、ひいては投資について勉強していたら。

多分負けはしてましたが、最新技術の知識はついたし経験は残ったでしょう。

しかし、戦況を読まず、武器の使い方も調べず、海パンとサンダルを履いているだけのような状態で戦場に向かったぼくは、命からがら生き残ったものの、何の成果も得られませんでした。

リスクは何をやっているか分からない時に起こる

「リスクは何をやっているか分からない時に起こる。」

これは、投資の神様と呼ばれているウォーレン・バフェットのお言葉です。

ぼくはまさしくこの言葉の通りになったわけですね。

仮想通貨はもとより、投資というものを全く知らない状態だった当時のぼくは、真っ暗闇を懐中電灯なしで歩いていたのと同じです。

そりゃ落とし穴に落っこちますよね、、

まとめ:今回はインベスターZ読もうって話でした(笑)

というわけで、以上がぼくの仮想通貨に70万以上突っ込んでボッコボコにされた話でした。

さっきの「リスクは何をやっているか分からない時に起こる。」という言葉。

ウォーレン・バフェットの言葉とカッコよく書きましたが、ぼくはインベスターZという漫画から知ったんですよね(笑)

今回この記事を書こうと思った理由も、インベスターZを読んで当時の自分の無知が恥ずかしくなったからなんです、、

投資に関することや、そもそもお金とはなんぞや?というのが漫画で読みやすく書かれていましたので、仮想通貨投資する前にぜひ一度読んで欲しいと思いますね。

というわけで、なんのこっちゃの記事でした(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます!

最後に紹介させて頂いた「インベスターZ」ですが、Kindleunlimitedで1巻無料で読めるようです!

その他、200万冊以上が読み放題なので、気になっている方はチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました