新卒未経験でSESになって2年で退職…退職に至るまでのすべてを語ります。

 

職探し人
職探し人

未経験からITエンジニアを目指したい!そのためにまずSESになろう!

 

最近よく聞くこのセリフ。

理系ではなかったぼくも、唯一のITエンジニアへの道だからと、貴重な新卒チケットを使い、SESの道を選びました。

 

結果、2年で退職……。

今回は、そんな僕が新卒未経験からSESになってから退職に至るまでのすべてを語らせて頂きます。

これからSESを目指そうという方はぜひ参考に聞いていただけますと幸いです。

 

目次

SESは極悪非道な環境ばかりではない

まず最初にお断りですが、ぼくが行っていた会社は本当に優しい人ばかりで、労働環境につていも”当たり”だったと思います。

よく聞く「終電までの残業」とか「何もやらせてくれない」ということは無かったですしね。

 

辞めた理由は、突き詰めると「自分の弱さと適性の無さ」になります。

 

職探し人
職探し人

SESはとにかくひどくて、死ぬまでこき使われるんでしょ?

 

と思っていた方は、まず安心してください。

そんな会社ばかりではありません。

 

SESになってから辞めるまでの2年について

では、なぜ辞めるに至ったか。

これまでの2年を少しフェイクを交えつつ、語らせて頂きます……。

SESを辞めた理由だけを知りたい方は次の「SESを辞めた理由」のチャプターまで飛ばしていただけると幸いです。

 

①研修が終わり切るまでに派遣先へ行くことに

新卒未経験でSESになったぼくですが、やはり不安だったので、研修制度が充実している会社を選びました。

そこでは、入社後3か月の研修期間が設けられていて、初めの1ヶ月で「ビジネスマナー」や「メールの送り方」なんかの社会人としての基礎の基礎を学びました。

 

かっちゃん
かっちゃん

あ、本当に色々教えてくれる会社なんだ……。

 

と、ほっとしていると、

 

上司
上司

ちょっと、来てくれる?

 

と、先輩に個室へと呼び出されました。

 

上司
上司

君、6月から~行ってね。

かっちゃん
かっちゃん

あ、はい!!

 

という感じで、ぼくの初派遣先が決定。

約束されていた3ヶ月の研修が終わり切るまでに、会社を飛び出すことになりました……。

 

しかも、場所がめちゃくちゃ遠い……。

本当の場所はボカしますが、東京の案件しか請け負わないのに千葉だった感じです……。

 

ディズニーランドかよと思いながらも、納得するしかありません。

と言ってもぼくはまだマシな方で、4月中に派遣された人もいますし、もっと遠くへ行く事になった人もいましたね。

 

②自社の先輩がいない環境へと駆り出される

そんなこんなで残りの研修期間を終え、一緒に派遣することになった同期3人とぼくは、営業の方に連れられて派遣先へと向かいました。

そこでも、また事件が起こります。

 

かっちゃん
かっちゃん

え、自社の先輩いないんですか…?

   

なんと、派遣先では自社の先輩が誰もいなかったんです。

未経験でぴよぴよのぼくたちは、突然サバンナに放り投げられたが如く、不安に駆られます。

どうなってんだよと思いましたが、でもこれもSESでは普通のことみたいですね。

 

かっちゃん
かっちゃん

まぁ同期がいたのが救いか……。

   

と、思っていたらなんと、同期3人とは派遣される部署が違う事が判明

会社は同じでも、ぼくだけ1人場所が違いました。

結局、ぼくは実質1人で何も知らない派遣先の環境で戦っていかないといけなくなりました……。

 

③同期が1人ずついなくなる

そこからの毎日は本当にしんどかったですね……。

何をするかも聞かされないまま派遣先へ行ったこともありますが、研修で学んだ程度の知識では全く歯が立ちません。

それに、SESではありがちな多重請負(多重派遣)という形だったので、仕事のやり方が一々めんどくさいんです……。

 

多重派遣(たじゅうはけん)とは、派遣労働者が派遣先からさらに別の企業等に派遣されることを指す。また、派遣元と派遣先の間に人材紹介業者が複数介在して紹介料などを搾取するケースも含まれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E9%87%8D%E6%B4%BE%E9%81%A3

毎日…毎日…知らない単語に知らない人、知らない仕組みがザクザク出てきて、必死に調べては理解を繰り返す日々。

 

かっちゃん
かっちゃん

はぁ……しんど……

その頃からため息が増え始めましたが、これもまだマシな方。

なんて言ってもほとんど定時ちょっと過ぎには帰らせてもらってましたからね。

 

しかし、同期組はそうでは無かったようで、夜9時までは働くことが普通のようでした。

そんな折、同期が1人辞めるという報せが入ります。

 

かっちゃん
かっちゃん

残念だな~

   

と思いながらも、内心理解できないわけではありません。

恐らく同期全員、次は自分かも…という思いで複雑な心境だったと思います。

結果、もう1人もやめることが決定し、その派遣先には2人だけが残ることになりました。

 

④ついに一人に

そんなこんなありつつ、約1年が経とうとしていた頃。

もう1人の同期が心の病により、派遣先を離れる事になったと聞かされます。

いよいよ、ぼくはその派遣先に本当に1人だけという状況に。

 

かっちゃん
かっちゃん

まじか……

   

同期の心配もそうですが、それ以上に自分が心配というレベルには余裕が無くなっていました。

とはいえ、その派遣先の方々は本当にいい人ばかりだったので、ここで頑張るしかないと兜の緒を締めたのを覚えています。

しかし、

 

上司
上司

評価のつけよう無いし、ボーナスこれくらいでいいよね?

かっちゃん
かっちゃん

へ…?

   

派遣先で1人になったぼくは、自社から「あいつ何やってるか分からない状態」に陥ってしまうんです……。

 

⑤自社との繋がりが断たれる

SESという仕事は派遣先で働く仕事なので、会社によりけりですが社員の評価は派遣先での感想とか、そこでの仕事内容で決まります。

ぼくの場合は、自分が提出した作業内容による評価でした。

 

正直に書いて提出したんですが、「本当にこんなに出来てるの?」とか「新人は普通これくらい」という補正によりボーナスが決定することになりました。

 

かっちゃん
かっちゃん

なんじゃそれ!!

   

って感じですが、これもまぁ貰えるだけありがたい話。

ですが、「このまま派遣先にいても自社で孤立していくだけじゃないか」という危機感が胸をよぎるようになりました。

自社には月に一度だけ、全員が集合して親交を深めるという会があったんですが、派遣先の業務の都合でぼくは帰れない事が多かったのもあります。

 

入って3ヶ月経たない内に自社を飛び出したので、自社より派遣先の方が知り合いが多い状況になっていました。

 

かっちゃん
かっちゃん

このままだと自社に帰った後、おれどうなるんだろ……。

   

そこでやってきたのが、あの忌々しいコロナ禍だったんです。

 

⑥もう無理ですわ、これ

コロナ禍により、派遣先では「完全テレワーク体制」が敷かれました。

 

かっちゃん
かっちゃん

やっほーーーー自由バンザーーーーーイ!!!!!

 

という感じで、浮かれていたのもつかの間。

ついに、自社との繋がりが完全に断たれました。

それまで、何か月かに一度あった面談すら無くなり、いよいよ自社の存在が希薄になっていたんです。

 

営業担当の方が担当していた資料の提出さえ自分でやるようになってました。

 

かっちゃん
かっちゃん

こんなんでいいのか?

   

自分の中での疑問の声が強くなります。

そんな中で派遣先での自分のポジションはどんどんと大きくなり始め、仕事が始まると頭痛が始まるのが日課になり、謎の吐き気により吐いてしまう事もありました。

 

かっちゃん
かっちゃん

まぁスキルさえつけば大丈夫!

   

と、奮い立たせてみても、残念ながら1年以上もやっていると自分がやらせてもらっている仕事は他の環境では役に立たない事に気が付いています。

 

かっちゃん
かっちゃん

それなら、この派遣先で頑張って雇ってもらおう!

   

と、奮い立たせてみても、その会社ではぼくよりもっと優秀な人材がコロナ禍で仕事が無く、手を余らせている事を知っています。

 

いよいよ八方塞がり。

ついに、ぼくは自社へ直談判することにしました。

 

かっちゃん
かっちゃん

すみません!別の派遣先へ行かせてください!

上司
上司

おっけー考えとく

 

3か月後

かっちゃん
かっちゃん

あの話どうなりました?

上司
上司

いま探してる

 

さらに3か月後

かっちゃん
かっちゃん

こういうスキルをつけて、こういうことが出来る人材になりますので、他の派遣先に行く事を検討して頂けないでしょうか?

上司
上司

うちは契約がとれた派遣先に人をぶち込むだけだから

こうして、ぼくは辞める事を決意しました。

 

SESを辞めた理由

SESを辞めた理由
  • 入社までに聞いていた内容との違いによる不信感
  • 自社との関わりがない孤独感
  • 正当に評価を受けられない事への疑問感
  • ITスキルへの耐性の無さ

長々と書かせて頂きましたが、結局ぼくがSESを辞めた理由は上記の通りです。

こうして書いてみると、多分どんな会社も大なり小なり存在する問題かと思います。

 

なので、結局ぼくが弱くて耐性がなかったという話になるんですよね。

 

先輩
先輩

会社はおかしいけど、仕事で好きな事できるなんて最高じゃん!!

   

この通りには言ってませんが、SESをしているとそんな方とたくさん出会いました。

息をするように新しいスキルを吸収して、休日も自然に勉強をする人たちも本当に多いです。

そんな中で着いていくのに必死だったぼくには、そもそもITスキルへの耐性がなかったということなのでしょう。

 

新卒未経験からSESになってよかったこと

結局、やめるという決断をしたぼくですが、新卒未経験からSESになってよかったなと思う事もあります。

 

ITの基本知識が身に付いた

まず、ITの基本知識を仕事をしながら教えてもらえたのは本当によかったです。

ブラインドタッチとかoffice製品の使い方はもちろん、PCの使い方全般については非IT系の方よりは知っていると思います。

この知識を次の仕事でも活かせるかはさておき、ITについての耐性をつけられたのはよかったです。

 

知らない環境でも飛び込んでいけるようになった

ぼくはいきなり先輩がいない環境に身を置くことになりました。

なので、よく分からない環境に飛び込んでいく怖さや人と話す事には慣れましたね(笑)

営業の人ほどではないですが、将来的に役立つメンタルだと思います。

 

まだ若いうちにITの世界を知れた

ITの世界は実務経験がとても大事な世界です。

 

かっちゃん
かっちゃん

未経験歓迎!って言われてるじゃん

   

確かにSESでは人材不足のために未経験の方でも足を踏み入れやすい世界です。

ですが、未経験でもOKな案件も多いかと言われれば話は別。

 

結果、経歴を盛った人をぶち込んだり、ず~っと自社待機になって何の実績もつかないままお払い箱ということもあります。

年を取ってからITへの夢が捨てきれず、転職してSESになっていたら、きっと今より大変だったでしょう。

若いうちにITの世界を知っておけたことはよかったです。

 

SESに向いている人

ここからはたった2年の経験ですが、その中で感じた「SESに向いている人」についてまとめさせて頂きます。

 

①勉強するのが大好きな人

IT技術は日進月歩。

本当に去年まで主流だった技術が、今年は使えないなんてこともあります。

なので、日々勉強が必要です。

 

かっちゃん
かっちゃん

勉強なんて嫌い!!机なんて3秒も座ってられません!!

   

という方は辞めておくことをオススメしますね。

 

②一日中パソコンに向き合っても疲れない人

実際にやったことが無いとイメージがつかないと思いますが、まじでず~っとパソコンと向かい合うのって意外と疲れるんですよ(笑)

毎日8時間PCとにらめっこしてても疲れないのは大事な資質だと思います。

 

③新しい環境にワクワクする人

SESは新しい環境に行く機会がとにかく多いです。

1ヶ月で「はい、次行って~」ということもザラな世界。

その都度、「オラ、ワクワクすっぞ!!」と思える方は向いてますね。

 

④人付き合いがうまい人

未経験でSESを目指す人は「自分で食べていけるスキル」に興味がある方が多いのではないでしょうか?

正直、ITスキルは参考書を読むだけで身につきます。

分からないことはググれば大体出てきますし。

 

かっちゃん
かっちゃん

おれはスキルさえ習得できればいいから人付き合いとかどうでもいいんじゃい!!

   

という方は、SESは本当にやめておいた方がいいです。

ぼくが見てきたスキル全振りで愛想が無い人はめんどくさい案件を押し付けられるか、期限が来たらすぐバイバ~イということが多かったです……。

それよりも愛想がよくて誰とでも仲良くできる人が美味しい案件に携わってましたね。

 

これから未経験でSESになる方へ

最後にぼくと同じように、これから未経験でSESへと進む方へのアドバイスを送らせていただきます。

 

これからSESになる方は、自分がどんな人材になりたいかの明確なイメージを作っておきましょう。

 

WEB系の仕事がやりたいのか、オープン系の仕事がやりたいのか

一生SESがやりたいのか、いずれ転職するのか、独立するのか

 

これらの軸をしっかり持っておかないと、流されて流されて、最終的に文句を言いながらも会社にしがみつくしか道が無くなります。

このイメージをしっかり作れなかったことは、本当にぼくの後悔です。

これからSESの道を進む人は、ぜひぼくの屍を越えていってください……。

 

どんな仕事も難しい。生半可な気持ちじゃダメ

本記事のまとめ

  • SESは極悪非道な環境ばかりではない
  • いい場所に行けるかは運
  • 自分が辞めた理由は突き詰めると「弱さと適性のなさ」
  • ぼんやりとIT系に行こうという気持ちでSESはオススメできない

正直、今まで社会というものに希望を持っていたんです。

 

かっちゃん
かっちゃん

仕事しんどいとか言ってるけど実際言うてでしょwww

   

みたいに(笑)

もうとんでもない勘違いだったんだなと恥ずかしい限り。

今回ぼくは会社を辞める決断をしたんですが、自分よりもっとひどい環境で頑張っている人はたっくさんいます。

 

SESに限らず、どんな仕事も楽なものは無いんだなと痛感しました

 

いまぼくは少し休む期間を頂いていますが、落ち着いたらまた頑張って行こうと思います。

社会人の皆様。これから社会人になる方々。

まだまだ若輩者の自分が言うのもあれですが、一緒に頑張っていけるとすごく心強いです。

 

それでは!

またどこかの記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる