近松おこめの秘密基地

ほっと一息。ちょっとお得。

近松おこめ。身を切って本当の節約を知る

f:id:kometika:20180810145607j:plain

やらかしました。

 

 

先日、この記事のなかで本を自炊するためにスキャナーを借りたという話をしたんですが、実はそこで大失敗をしてしまったんです・・・

 

我ながらアホで恥ずかしいので、胸の内に秘めたまま死んでいこうと思っていたんですが、今回は自戒の念も込めて、その時の事を記事にしていこうと思います。

本の自炊を舐めていた男

ぼくが本の自炊を思い立ったのは、ずばりミニマリストになろうと思ったからです。

 

 

自分の長所なのか短所なのか、思い立ったらとりあえず動いてしまう癖があるので、さっそく部屋で最も場所をとっている本を全部片すことに決めました。

 

かといって捨てるのはもったいないよな~ということで、本の自炊をしようと思い立ち、よく調べもせずに

 

スキャナーさえあればいける!

 

と「Rentio」でスキャナーを借りるのに至ったわけなんですが…。

これが過ちの始まりでした・・・

 

 

元々スキャナーを買うほどの金銭的余裕がなかったので、借りることに決めたんです。つまり出来るだけ安く済ませたかったんですよね。

 

本の自炊にはスキャナー裁断機の2つが基本的に必要とされています。

 

本をスキャナーで読み込むためにはまず本を分解しなければなりません。裁断機はその際に使うものなんですが、ビンボー症なぼくは

 

本を切り取るだけなら、素手で余裕っしょwww

 

と、余裕をぶっこいて、ケチって裁断機を注文しませんでした。

 

 

 

 

 

f:id:kometika:20180331223414j:plain

 結果がこれです。

 

 

本を切るって無茶苦茶大変なんですよ。自炊をしている方ならわかると思いますが、裁断機が無いと正直やってられません。

 

カッターやハサミで紙を切ったことが無いという方はいないでしょう。紙は一枚なら大したことないんですが、束になれば容易には切れません。

 

本は小説とかだと300ページくらいなりますよね?

 

 

つまり、めちゃめちゃしんどいんです。

 

途中から、石でも切ってるのかと思いました。一冊切るのだけでも一苦労です。

 

結局、20巻の漫画をスキャンし終えただけで2時間かかりましたね。

 

その段階で、全体の1割くらいが終わったというところ。やってられません。

 

 

f:id:kometika:20180401112228j:plain

これだけの本を切り終えた段階で、10時間以上かかりました。一度読んだ本なので正直完璧に時間の無駄です。 

 

f:id:kometika:20180401114854j:plain

本の裁断中はさみがありえない壊れ方をしましたしね。 この後、カッターで切る作戦に変更して無事親指をやりました。

 

真の節約とはなにか

結局、丸1日裁断に費やしたものの、作業がどんどん雑になっていった為、スキャナーに詰るわ詰まるわで半分もスキャンできませんでした。

 

まちがいなく人生で1番無駄な1日だったでしょう。

 

 

裁断機代の3300円をケチらなければ、親指もケガをすることはなかったでしょうし、貴重な1日を無駄にすることもなかったでしょう。

 

そう考えればたった3300円です。たった3300円でぼくは有意義な一日を過ごすことが出来たんです。

 

 

この経験は完全にぼくがアホだったのが原因なんですが、とても大切なことを教えてくれました。

 

それは本当の節約とは何かということ

 

言うまでもなく人生は有限です。ぼくたちの時間は限られています。

 

その大切な時間を精一杯使うためのお金は迷う事なく使うべきなんだと思います。

 

 

3300円はもちろん安くはないですが、これをケチることは目の前のお金の節約ではあっても、長い目でみればぼくは貴重な1日をドブに捨てる事に繋がりました。

 

どう考えても1日をドブに捨てる事と3300円は釣り合わないですよね。

 

本当の節約はむしろここで3300円を使って、有意義な1日を手に入れる事だったんだとこうして振り返ってみて強く思ったので、書き残しておこうと思います・・・。

 

おわりに

f:id:kometika:20180616112412j:plain

この年でこういう大切なことを身をもって知ることが出来たのはよかったことなのかもしれませんね。

 

そう考えると親指をケガしたり右手が筋肉痛になったことなんて安いものです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう二度と自炊なんかしません。