近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

近松おこめの秘密基地

【検証】育ち盛りの大学生が1日1食を実践して感じたメリット・デメリット

お腹すきましたね、先輩。そろそろ昼ご飯行きません?

あ、ごめん。おれ昼飯抜いてるんだ。

また金欠ですか。昼飯くらいなら奢りますよ?

違うわ。「1日1食」しか食べないようにしてるんだよ

ついに気も狂いましたか

もってなんだ!「1日1食」って実はめちゃくちゃ色んなメリットがあるんだぞ。

(はぁ~)何言ってんだこいつ・・・

心の声の方が口に出てるぞ・・・まあいいや。今から「1日1食」の絶大なメリットを説明してやるから心して聞け

1日3食の習慣について

f:id:kometika:20180402111040j:plain

 

みなさんは1日に何回ごはんを食べていますか?

 

まぁ最近は朝ご飯を食べない人が増えているようですが、基本的に1日3食きちんと食べている人がほとんどだと思います。

 

これが普通ですよね?

 

 

しかし、1日3食が広まったのは江戸時代に入ってからのことなんです。

 

 

それまでの日本では1日2食が基本だったといいます。

 

常識だと信じていた1日3食という当たり前は、実は最近はじまったものだったんですね。

1日にどれくらい食べればいいのか

 

そもそも1日にどれくらい食べないといけないか知ってますか?

 

 

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、だいたい1800kcal~2200kcal前後と言われています(摂取カロリー・消費カロリー大辞典より)。

 

 

実際には人それぞれ摂取カロリーの目安は変わってきますが、概ねこれくらいのカロリーを1日に摂取しています。

 

 

なら、逆にどれだけのカロリーを摂っていれば少なくとも死にはしないのか。

 

 

それは以下の公式で求めることが出来ます

 

 

(身長(m)×身長(m)×22)×25~30

最低限必要な摂取カロリー -カロリー解説NAVI-

 

 

この公式を使ってぼくの最低限必要なカロリーを求めてみると、(1.75m×1.75m×22)×25=1684.375

 

 

つまり、ぼくの場合は約1700kcalさえ摂れば生きていけることがわかります。

1食当たりのカロリー量

 

では、一食あたりどれくらいのカロリーなのか。

 

日本人が日常的に食べている白米。

茶碗1杯の量、約150gは252kcalとなっています。

 

ご飯だけで一食を終える人はなかなかいませんよね?

 

おこめって名前の無類の米好きのぼくでも食べて3杯です。

 

 

その他色々なおかずも食べるとすると僕の場合は大体1食1000kcalほど摂取しているようでした。

 

 

つまり、1日に必要なカロリーの半分以上を1食で摂っている事になります。

 

 

こう考えると1日に3食はどうなのって気持ちになりますよね?

 

 

このサイトを見ると、大体どの料理はどれくらいのカロリーなのか計算してくれていますので、自分の場合を知りたい方は参考にしてみて下さい。

 

ご飯を食べる理由

 

そもそも食事を摂らなければいけない理由とはなんでしょうか?

 

 

れは、活動するためのエネルギー源である”ブドウ糖”を得るためです。

 

 

このブドウ糖が減っていくと、空腹を感じる仕組みになっています。

 

 

つまり1日に何回もお腹が減るってことは、それだけすぐにブドウ糖が消費されてるってことか・・・

じゃあお腹が減ったらすぐに食べないとブドウ糖が空になって死んじゃうんじゃないかえ~?

 

そんな疑問を持った方もいるかもしれませんが、安心してください。

 

もしブドウ糖が無くなったとしても、代えの燃料が存在します。

 

 

それが脂肪です。

 

 

もしブドウ糖が無くなっても、脂肪を分解することでエネルギーを得ることが出来るわけですね。

 

 

逆に言うと、ブドウ糖が無くなる前に食事を摂ってしまえば脂肪が分解されず溜まっていってしまいます。

 

 

これは自然界では異常な状態とされています。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、つまり、1日に3食を摂らなければいけない必要は無く、カロリーが摂取できるなら1食でも充分であると言えるでしょう。

 

1日1食の実体験

 

f:id:kometika:20180402111237j:plain

 

それならやってみるしかないではないか!

 

というわけでさっそく1日1食に挑戦してみたので実際の記録を残していきたいと思います。

 

 

今回は朝にちゃんとした食事を摂る1日1食に挑戦しました。

 

ここで言うちゃんとした食事というのは、白米とおかずなど一般的な食事の事ですね。

 

 

一応はじめてという事で、栄養面を考えて昼には野菜ジュースか豆乳を随時補給。

 

朝食だけでは補えないカロリーを補うために、死にそうと思った時にはチョコレートなどの糖分を適宜摂取して1週間を過ごしました。

 

 

 

それでは、ここから実際に感じたメリット・デメリットを書いていこうと思います。

 

メリット

 

・日中眠くなることが少なくなり、集中力が続く

・体重が落ちる

・朝、スッと起きられる

 

大きなメリットは上の4つでした。

 

まず一番に、めちゃめちゃ活発的に動けるようになります。今までは日中眠くて眠くて仕方なかったんですが、それが無くなりました。

 

家に帰っても集中力が途切れず、活動できるようになったので、本当に大きなメリットでしたね。

 

あとは体重も2キロ減。顔が少しほっそりしました。

 

朝スッと起きられるのは元からそういう気質ではあったので、何とも言えないところがあるのですが、少なくとも1日1食を始めてからは苦に思うことなく起きられましたね。

 

デメリット

 

・朝に必ず便意が来る

・慣れるまでは苦痛

・痩せすぎて少し怖い

 

デメリットはこの3つくらいでしょうか。ぼくは朝電車に乗らなければいけないので、朝に便意が来るようになったのは正直辛かったです。

 

これは、朝にまとめて食べるからなんでしょうが一番大きなデメリットでしたね。人によってはメリットなんでしょうか?

 

あと、慣れるまでは基本的にめちゃくちゃ苦痛です。スーパーとかでいい匂いがしてくると本当に発狂しそうになります。これは2~3日でなくなりますが、慣れるまではつらいです。

 

また、すごくガリガリになったのがちょっと怖かったので、一応痩せすぎて怖いという事も加えておきました。

 

おわりに

f:id:kometika:20180616115118j:plain

 

というわけで、育ち盛りの大学生が1日1食を実践してみた感想でした。

 

 

常識はまず疑ってみるのが今年の抱負。

 

これからもどんどん当たり前を覆していきたいと思います!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。