近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

読み込んだ画像を編集する方法【クリスタ活用術】

はじめに

どうも、近松おこめです。

 

早速なんですが、皆さんはこのような経験ってありませんか?

 

f:id:kometika:20180504110239j:plain

 

旅先で撮った思い出の写真が・・・

 

圧倒的に地味!!

 

旅行で撮った写真が地味すぎる問題。きっと、多くの人が経験したことがあると思います。

 

ちなみに、上の写真の背景は海なんですが、構図も悪いし、白飛びしてしまっていて何が何だかわかりません。

 

f:id:kometika:20180504112241j:plain



どうせなら、これくらいはっきり海だなと言えるような背景じゃないと、将来見返した時に本当に海に行ったのかすら怪しくなってしまいますよね?

 

無いなら作ればいいじゃないっ!!!!

 

というわけで今回は、「CLIPSTUDIO PAINT」を使って、読み込んだ画像を編集する方法の紹介です。

 

写真だけでなく、イラスト制作にも使える技術ですので参考にして頂けたらと思います。

 

 ▼近松おこめが使っているペイントソフト▼

 

背景を消す

f:id:kometika:20180504110726p:plain

 

まずは「CLIPSTUDIO PAINT」で画像を開きます。

 

このままでは、画像を読み込んでも、背景画像が邪魔になってしまうので、まずは背景を消していきます。

 

 

f:id:kometika:20180504110729p:plain

 

自動選択ツール選択ペンツールを使って、人物以外の部分を選択します。選択する際は、shiftキーを押しながら行わないと、選択部分が処理を行う度に消えていってしまいますので、注意してください。

 

 

f:id:kometika:20180504110731p:plain

 

選択し終えたら、消しゴムツールで一気に消します。これで背景の除去は完了です。

 

 

f:id:kometika:20180504110733p:plain

 

最後に、選択した範囲を解除しておいてください。

 

 

画像の読み込み

f:id:kometika:20180504110735p:plain

 

次に、背景としたい画像の読み込みです。

 

ファイル読み込み画像から読み込みたい画像を選択します。

 

 

f:id:kometika:20180504120510p:plain

 

すると、このように画像が読み込まれます。最初のレイヤーを読み込んだ画像レイヤーの上に来るように注意してください。レイヤーは、上にあるものほど前に来る仕様になっているので、背景画像より下にあると、人物に覆いかぶさり見えなくなってしまいます。

 

読み込んだ画像を編集するための方法

f:id:kometika:20180504110740p:plain

f:id:kometika:20180504110742p:plain

 

 読み込んだ画像レイヤーはぼかしを入れたり、色調を補正するといったような編集ができない状態となっています。

 

編集を行えるようにするには、以下のような操作が必要です。

 

①新規色調補正レイヤーを作る

 

②背景画像に結合する

 

 

f:id:kometika:20180504121438p:plain

 

まずは、新規色調補正レイヤーの作り方です。読み込んだ背景画像レイヤーを選択し、青く囲っているボタンを押します。新規色調補正レイヤーレベル補正を選んでレイヤーを作成します(いじらなければ問題はないので、レベル補正じゃなくても大丈夫です。ぼくはいつもレベル補正から行っています)。

 

 

f:id:kometika:20180504110746p:plain

 

レベル補正の画面では、何もいじらずにOKを押します。

 

 

f:id:kometika:20180504110750p:plain

 

完成したレイヤーを背景画像レイヤーに結合します。この時、下にちゃんと背景画像レイヤーが来ているか確認してください。以上で操作は終了です。

 

 

f:id:kometika:20180504110752p:plain

f:id:kometika:20180504110755p:plain

 

これで、ぼかしや色調補正といった一通りの編集が可能となります。

 

 

f:id:kometika:20180504112241j:plain

 

あとは、背景画像を拡張して、少しぼかしを入れてやれば完成です。

 

おわりに

 

というわけで、画像の編集方法の説明でした。

 

「CLIPSTUDIO PAINT」は主にイラストを作成するためのツールではありますが、このように画像を編集する能力にも非常に優れています。

 

色々なモデルがありますが、ガッツり漫画を描いたり、プロの方で無ければ安価なCLIP STUDIO PAINT PRO で十分満足できると思います。

 

良かったら試してみて下さい(^^)

 

 以上!!

近松おこめがお送りする、クリスタ活用術でした!!

 

 

 

 (↓PRO版はこちら↓)

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT PRO

 

 

 (↓現在おこめが使っている液タブ↓)

 

 (↓以前おこめが使っていたペンタブ↓)

 

 (↓CLIPSTUDIOについての基本的な使い方はこちら↓)

CLIP STUDIO PAINT PRO デジタルイラストテクニック

CLIP STUDIO PAINT PRO デジタルイラストテクニック