近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

近松おこめの秘密基地

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り変える際の注意点

 

f:id:kometika:20180702135715j:plain

どうも。最近 LINEモバイルに乗り換えた近松おこめです。

 

最近はやりの格安SIM。

 

圧倒的な価格の安さから、もはやどうして使わないのかわからないという意見もあるほど世の中に浸透しつつあるこの格安SIMなんですが、どうやって変えたらいいのかわからないという方も多いと思います。

 

今回は、そんな方の為に、ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える方法を書いていこうと思います。

 

以外に簡単でしたので、ぜひ参考にしてみてください(^^)/

 

LINEモバイルとは

 

 

 ▲LINEモバイルに乗り換えたい方は▲

 

まず、どうして数ある格安SIMの中からLINEモバイル を選んだのか。

 

理由は、コミュニケーションフリープランが素晴らしかったからです。

 

 

 LINEモバイル とは、名前の通り、あのLINEが提供する格安SIMなんですが、コミュニケーションフリープランというサービスを提供しています。

 

このサービスでは、なんとTwitterLINEfacebookInstagramなどのSNSをどれだけ使ってもデータ使用料が変わらないんです!

 

 

Twitterでアンケートを取ってみたところ、票数は少なかったですが最も長い時間使用されているのはSNSだという結果になったので、多くの人にとって非常にお得なプランだと言えます。

 

 

そのうえ、月額は驚きの1110円(注)コミュニケーションフリープラン最安値の場合

 

ははっご冗談を

 

今まで、月々7000円ほど支払っていたぼくには信じられない価格です。

 

結局、このカウントフリープランと価格が決め手となって、ソフトバンクからLINEモバイル に乗り換えることを決めました。

 

 ▲LINEモバイル乗り換えはこちらから▲

 

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える際の注意点

 

 大まかな乗り換え方法は、この八木仁平(やぎぺー (@yagijimpei) | Twitter)さんの記事を参考にして頂くといいかなと思います。

 

 

そのため。この記事ではソフトバンクからLINEモバイル 乗り換える際の注意点を書いていきます。

 

 ソフトバンクからの乗り換えの際に注意しなければいけないことは以下の5点です。

 

  • 契約更新の時期の確認
  • 契約者名義の確認
  • 端末代金は払い終わっているか
  • 使用している機種の確認
  • MNP予約番号の取得

 

 

契約更新の時期の確認

 

まず注意しなければいけないのが、契約更新時期の確認です。

 

softbankには”2年縛り”というものが存在し、契約から2年経った後の2か月間の間に解約しなければ、最大1万円の違約金が発生します。

 

例え、違約金を払う事になっても、格安SIMの料金なら数か月で元が取れてしまうんですが、契約更新の時期が近いなら待った方がお得になります。

 

 

契約者名義の確認

 

MNPをするためには、MNP前の携帯電話会社での契約名義と、LINEモバイル での契約名義が同じである必要があります。

 

MNP前の携帯電話会社の名義と、LINEモバイル で記入されたお名前が違う場合は、申し込みキャンセルとなります。

 

契約者名義が誰のものになっているのかもきちんと確認しておきましょう。

 

もし名義が自分のものでなかった場合は、契約者名義になっている方と一緒にお近くのsoftbankショップまで出向けば名義を変更できます。

 

 状況によって必要な持ち物が変わりますので、詳しくは以下をご覧ください。

 

 

 

必要な代金は払い終わっているか

 

もし、スマホを乗り換えたばかりだと、機種代が払い終わっていない可能性が高いです。このまま乗り換えようとすると、未払いの機種代を支払わなければいけません。

 

 また、月初めに解約してしまうと、その月のスマホ代が無駄になってしまいますので、できれば月末に解約するのが、最も節約になります。

 

 

使用している機種の確認

 

 [追記:7月2日]

 

ソフトバンクで購入した端末なら、SIMロック解除なしでもLINEモバイル を利用できるようになったようです。

 

ソフトバンクで購入した端末

iPhone
iPhone 5s以降のiPhone端末はSIMロック解除なしでご利用できます。

iPad
2018年発売のiPad(第6世代)はSIMロック解除なしでご利用できます。それ以前に発売されたiPad端末はSIMロック解除が必要です。

Android
2017年8月以降に発売されたAndroid端末はSIMロック解除なしでご利用できます。それ以前に発売されたAndroid端末はSIMロック解除が必要です。
※ただし、HTC U11(601HT)・DIGNO G(602KC)の2機種は、SIMロック解除なしでご利用できます。

(参照:https://mobile.line.me/event/sb-start/

 

 

 

もし、SIMロック解除が必要な機種だった場合は、 ソフトバンクではSIMロック解除のためのいくつかの条件があるので、確認が必要です。

 

 詳細はこちらに記載されていますが、簡単にまとめると以下のようになります。

 

  • 分割払いの場合は、機種購入日から101日目以降より手続きが可能

  •  一括払いの場合は、一括払いの支払確認後より手続きが可能 

  • 解約済みの場合は、解約後90日以内だと、SIMロック解除の手続きが可能。ただし、分割支払いで機種を購入した場合は、機種購入日から101日以上経過している必要がある

 

 

また、LINEモバイル 動作確認が行われている機種かどうかもしっかり確認しておきましょう。

 

こちらにまとめてあるので忘れずにご確認ください。

 

 

MNP予約番号の取得

 

乗り換える際にはMNP予約番号というものを取得しなければなりません。

 

ソフトバンク携帯電話からの場合・・・ *5533

フリーコール・・・0800-100-5533

 

いずれかに午前9時から午後8時の間に電話をかけて、MNP予約番号を発行したいとの旨を伝えれば、ご自身のメールアドレスまで予約番号が送られてきます。

 

 

その際、契約者名義電話番号などの個人情報を聞かれるので答えられるようにしておきましょう。また、4桁の暗証番号を求められますが、これは答えられなくても問題ありません。待っていればオペレーターに繋がります。

 

また、ソフトバンクショップ・MY SoftBankでは基本的に解約は行えませんので注意してください。

 

(念のために、詳細はこちらです)

 

 

  • 携帯電話のご購入を伴わないご契約・シンプルスタイル・スマート一括契約・みまもりケータイの契約にて新規で加入の場合、 契約後翌々請求月末までのMNP転出料金・・・5000円

 

  • 当該期間以降のMNP転出。2013年9月27日以前に契約した場合は、契約期間に関わらず・・・3000円

 

転出手数料として、これだけの費用がかかるので、自分の場合はいくら必要なのか確認しておきましょう。

 

結局いくらかかるのか

 

結局いくらかかるんですか?

 

ご参考までに、ぼくがソフトバンクからLINEモバイル に乗り換える際に必要だった費用を書いておきます。

 

  1. 転出手数料・・・3000円
  2. 違約金・・・9500円(だったはずです・・・すいません正確に確認できませんでした)
  3. 端末代・・・27000円現在はSIMロック解除が不要なので、必要なくなりました
  4. LINEモバイル エントリーパッケージ代・・・990円
  5. SIMカード発行手数料・・・400円

 

計・・・・39900円となりました。

 

けっこうかかりましたね。

 

しかし、ぼくが入会した、コミュニケーションフリープラン 3GB / 音声通話SIMだと毎月の料金が約2000円になります(初月無料)。

 

今までは、ソフトバンクで同じ3GBプランで7000円前後のお金がかかっていたので、同じ内容で毎月5000円安くなりました。

 

つまり、8か月で元が取れる計算になります。

 

そう考えると、ほんとに安いな・・・

 

 

※LINEモバイル エントリーパッケージは、あらかじめ買っておいた方がお得です。これを使えば、登録事務手数料の3000円がかかりません。

 

 

という訳で、softnbankからLINEモバイル に乗り換える際の注意事項は以上です。

 

やはり、実際の使い心地も知りたいと思いますので、ぼくの1か月使用してみた実際の感想もまとめておきます。


  •  

LINEモバイルを1か月使用してみた感想

f:id:kometika:20180514134329j:plain

 

 先日で、LINEモバイル に変えてみて、1か月が経ちました。

 

率直な感想としては

 

どうしてもっと早く変えなかったんだろうか・・・

 

ということに尽きますね(笑)

 

こんなに安くて、これだけの内容なら文句なしに最高だと言えるんですが、何点か気になる点もあったのでメリットとデメリットに分けて紹介していこうと思います。

 

メリット

 

1・コミュニケーションフリープランが神

 

最大のメリットはこれに尽きます。今までかなりの通信量をSNSに食われていたので、これには本当に助けられましたね。

 

おかげで見事なツイ廃になりました(笑)

 

2・LINEと連携できるので使いやすい

 

LINEモバイルだけあって、LINEと連携して様々なことが行えます。

 

f:id:kometika:20180514130229j:plain

 

例えばデータ残量の確認やヘルプはトーク内で簡単に行えるので、普段LINEに慣れ親しんでいる人にとってはとても使いやすいです。

 

 

f:id:kometika:20180514135121j:plain

 

それに、毎月のLINEモバイル利用料100円に応じて1ポイントがもらえるのも嬉しいですね。

 

 

3・データ残量の繰り越しがうれしすぎる

 

f:id:kometika:20180514130323p:plain

 

これがほんっとうに助かります(笑)

 

データをよく使用する月と使用しない月があるので、このサービスのおかげでデータを効率よく使えるようになりました。

 

今までは毎月、通信制限にかからないように節約して使っても、けっきょく来月になるとリセットされてしまっていたので、これには感謝ですね。

 

デメリット

 

1・場所と時間によっては通信がかなり遅い

 

これは、格安SIMの仕組み上ある程度しかたない事なんですが、通信速度は安定しません。

 

場所や時間によってけっこう遅くなります。Twitterでさえも更新できなくなるほどの遅さになるときがあるので、YouTubeなどの動画を視聴するなら致命的だと思います。

 

 

2・大手キャリアに比べて色々なサービス面が弱い

 

やはり、大手キャリアに比べて色々なサービスの面では弱いです。

 

まず、電話は基本的に無料ではありません。そして、大手キャリアと違って、いざという時に店舗に駆け込めないのも不安要素です。

 

修理などのアフターサービスももちろんあるんですが、その点も大手キャリアに比べれば劣ってしまうと思います。

 

 

以上が、LINEモバイル のメリットとデメリットになります。

 

やはりデメリットもあるんですが、それ以上にメリットが大きいので、1か月経過した今のところは大満足の一言ですね。

 

おわりに

以上、softbankからLINEモバイルに変えてみての正直な感想でした!

 

今、ふと思ったのですが、メインではなくサブ機で使うのもいいかもしれませんね。メインを大手キャリアの最低料金で契約し、LINEモバイル と2台持ちにしても普通に1台契約するより安くなりますし、その方が端末が長持ちしそうです。

 

 

格安SIMはよくわからないから使わない

 

 

そんな人に少しでも、魅力を伝えることが出来ていたら嬉しく思います。

盲目的に分からないからという理由で拒絶していれば損をする一方です。試しに一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

以上!!近松おこめがお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

▼LINEモバイル登録はこちらから▼