近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

最後のひと手間で印象がガラッと変わる!!グロー効果のやり方【イラストテクニック】

f:id:kometika:20180629175845j:plain

 

どうも。イラストを描いて2年目にして、やっと色々勉強し始めた近松おこめです。

 

今回紹介するのはグロー効果というデジタルでイラストを描く際の技法になります。

 

 

まずは、どのような変化があるのかご覧ください。

 

f:id:kometika:20180629180528j:plain

(グロー効果なし)

 

f:id:kometika:20180629180534j:plain

(グロー効果あり)

 

いかがでしょうか?

 

あまり変わっていないような気がするかもしれませんが、よく見ると、光の光度が上がっていて、少し色に温かみが生まれていますよね。

 

それだけでなく、ところどころパリッとした印象をやわらげ、全体のバランスが少しだけ整ったような印象も受けます。

 

 

このグロー効果は、デジタルイラストを描く上ではけっこう有名な技法ですが、実際のやり方がよくわからないという方もいると思いますので、簡単に解説していこうと思います!

 

 

 ▼近松おこめが使っているペイントソフトはこちら▼

クリスタを使ってグロー効果をかける方法

今回は、CLIP STUDIO PAINT PRO を使ってグロー効果をかける方法を解説していきます。

 

f:id:kometika:20180629193202j:plain

 

まずは、グロー効果をかけたいイラストを読み込みます

 

 

f:id:kometika:20180629193207j:plain

 

画像のボタンを押して、レイヤーを複製を選択します。

 

f:id:kometika:20180629193215j:plain

 

このようにコピーが複製されますので、選択し、青い状態になっていることを確認します。

 

f:id:kometika:20180629193218j:plain

 

コピーの方を選択したまま

 

編集 → 色調補正 → レベル補正

 

と選択します。

 

 

f:id:kometika:20180629193224j:plain

 

入力の方をいじっていきます。

 

これは、好みになるんですが、矢印が左によるほど明るい仕上がりに。右にするほど落ち着いた仕上がりになるみたいですね。

 

ぼく自身よくわかっていないので、左側の矢印を何も考えずに右端まで持ってくるだけでいいと思います(笑)

 

 

今回は、ちょっと手前で止めてみました。

 

 

f:id:kometika:20180629193230j:plain

 

レベル補正が終わったら、画像の通常と書かれている所をクリックし、スクリーンを選択します。

 

 

f:id:kometika:20180629194821j:plain

 

フィルター → ぼかし → ガウスぼかし

 

を選択します。

 

 

f:id:kometika:20180629193239j:plain

 

こちらもお好みでぼかしてください。

 

先ほどのレベル補正と同じで、何も考えずに最大にぼかすだけでいいと思います。

 

 

f:id:kometika:20180629193245j:plain

 

最後に、不透明度を適当に下げてやれば・・・

 

 

f:id:kometika:20180629193357j:plain

 

完成です!

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

 

デジタルの仕上げというと難しい印象を覚えますが、型を覚えてしまえば簡単にイラストをレベルアップすることが出来ます。

 

グロー効果

 

イラストを描かれている方はぜひ試してみて下さい!!

 

 

 

今回、説明に使用したイラストはpixivの方にあげています!

 

ぜひこちらも見て頂ければ嬉しいです(^^)/

 

【ラブライブ!】「無題」イラスト/近松おこめ [pixiv]

 

 

また、イラストを描く工程はFANBOXの方にあげていきますので、こちらもよかったら覗いてみて下さい(^^)/

 

www.pixiv.net

 

↑ぼくがイラストを練習するときに、一番参考にさせてもらった1冊です。人物を描く上での基本的なことのほとんどはこの一冊を読んで学びました。

 

 

↑デジタルイラストを描いている方には、こちらもおすすめです!デジタルで描くときに最も難しかった「塗り」の基本的な情報から、具体的なテクニックまで盛りだくさんの内容となっています。