近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

静寂な空間でお腹が鳴ってしまった時の対処法5選

f:id:kometika:20180704214102j:plain

 

ゴギュルルルルルルルル

 

沈黙の空間に轟く自分のものとは思えない爆音。

 

 

お腹ってどうしてか、鳴ってはいけない状況になればなるほど鳴ってしまうんですよね。

 

きっと授業中やテスト中なんかに鳴ってしまい、恥ずかしい思いをしたという方も多いのではないでしょうか?

 

アーーーー!!

今だけは!!!!

今だけは鳴らんといておくんなます!!

 

いくらそう願っても、お腹が鳴ってしまうのは生理現象。鳴らないようにする対策方法もあるにはありますが、鳴ってしまう時はどんなことをしても鳴ってしまいます。

 

 

というわけで、今回はお腹が鳴ってしまった時の、あの何ともいえない空気をやり過ごすための対処法を書いていこうと思います。

 

これを読んで、ぜひともお腹の音とうまくお付き合いください・・・

 

お腹が鳴ってしまった時の対処法

 

まずはじめにお断りしておきますが、今回紹介する方法は全てぼくの経験から編み出した独自のものです。

 

そのため、効果があったりなかったり、逆効果になったりする事もあるかもしれませんので、ご使用は自己責任でお願い致します。

 


しかし、ぼくは学生時代、

 

「なきごえを覚えたままのポケモン」

 

と罵られたほど頻繁にお腹を鳴らし、その度に対処法を試行錯誤してきました。

 

その為、今回紹介する方法にはどれも自信を持っているということだけは付け加えさせていただきます。

 

 

それでは、さっそく紹介の方に移りましょう。

 

素知らぬ顔でやり過ごす

 

やはり何だかんだ言っても、これが一番穏便にやり過ごせます。

 

お腹が鳴って恥ずかしいかもしれませんが案外周りは気にしていないものです。

 

 

それに、人数が多い授業中とかだと意外と誰がお腹を鳴らしたのか分からないんですよね。

 

下手に咳をして誤魔化そうとしたりすると、逆にあいつが鳴らしたんだと特定されてしまいます。

 

恥ずかしいかもしれませんが、これ以上傷を広げないように素知らぬ顔でやり過ごしましょう。

 

笑顔で笑い飛ばす

 

テスト中や会議中など、絶対に喋ってはいけない場面でないなら有効な方法です。

 

お腹が鳴った時の恥ずかしさってあの沈黙から生まれますからね。それを無くすことでかなり恥ずかしさが軽減されます。

 

 

あと、周りの人にいじってもらえるという点からも、この方法はとても有効だと言えます

 

恥ずかしさもネタにしてしまえば、和らぐものですからね。

 

ネタにされるためには、まず自分からネタにしていくのが一番早いです。

 

巧みにごまかす

 

方法はとても簡単。

 

お腹が鳴った瞬間に、キョロキョロと辺りを見渡すんです。

 

これは長年の研究結果から分かったことなんですが、お腹が鳴った瞬間って鳴らした本人以外は、音の鳴った方向を見るんですよね。

 

これに便乗して、いかにも自分は鳴らしてない風を装えば、ごまかせます。

 

 

しかし、最悪の場合、犯人だとバレバレなのに誤魔化そうとしている最高に恥ずかしい奴になってしまうのでご注意ください。

 

めっちゃキョロキョロしてるけど飯なんか落ちてねーぞwww

 

なんて言われた日には、一生トラウマとなってしまいますから。

 

お腹が鳴ったという事実を抹殺する

 

これは、少しテクニックが必要なんですが、うまくいけば無敵の方法です。

 

とはいってもやり方は単純で、お腹が鳴るその瞬間に別の音を出して、お腹の音をかき消してしまうんです。

 

例えば授業中なんかの場合は、椅子を引いてギギーッという音が鳴っている間に一緒にお腹を鳴らします。

 

お腹が鳴るタイミングを見極め、かつ、お腹の音以上の不自然ではない音を出さないといけないので難易度は高いんですが、使いこなせれば最強の方法ですね。

 

若かりし頃のぼくは、この方法に失敗し、授業中に椅子から落ちるという大失態を犯したことがあるので、お気をつけください。

 

お腹が奏でるコーラスで聴衆を魅了する

 

ここまでは、言ってしまえば小細工。お腹が鳴ったという恥ずかしさを隠蔽する事に徹した方法を紹介してきました。

 

 

 しかし、それでは真にお腹の音による恥ずかしさを克服できたわけではありません。

 

お腹がなってしまって恥ずかしいのは、はじめて人前で何かを披露することの恥ずかしさと似ています。

 

つまり、まだまだ自分の放つお腹の音に自信がない状態なんです。

 

お腹の放つ音で人を感動させるくらいになってこそ、本当の意味でお腹の音による恥ずかしさを克服できたと言えるでしょう。

 

 

そう。あなたは音楽家。

 

 

グゴキュルル

 

あなたが奏でるお腹の音は、草原を彷彿とさせるワイルドなタブタの音色です。

 

 

ぐぎゅギュルるるぎゅる

 

予測不可能。しかし期待に応えてくれるであろう事を確信させるその激しくも安心感のあるメロディーに聴衆はもう夢中。

 

 

ゴぎゅごぎゅゴぎゅごぎゅるるるる

 

圧倒的なそのコーラスに感動した観客はスタンディングオベーションで貴方のお腹の音を称えるでしょう。

 

そこには恥ずかしさはもうありません。ただただ美しい音楽の余波だけがさざ波のように残るだけです。

 

 

お腹が鳴ってしまったら、いっそ観客を魅了してしまいましょう。

 

おわりに

f:id:kometika:20180704220632j:plain

というわけで、いかがだったでしょうか?

 

様々なお腹が鳴ってしまった時の対処法を書いてきましたが、やはり一番いいのはそもそもお腹がならないようにする事です。

 

朝ご飯をしっかり食べる事などの食生活の見直しや、生活習慣を正すことである程度お腹が鳴ることを防ぐことが出来ますので、これを機に一度見直してみるのもいいと思います!

 

 

以上!!授業中に3連続でお腹を鳴らして、授業をぶち壊したことがある近松おこめでした!!最後までお読みいただきありがとうございました。