近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

近松おこめの秘密基地

淀川花火大会を河川敷から鑑賞して感じた5つの注意点

本日は、年に一回の淀川花火大会

 

毎年、家の近くからとおーくにちらっと見える花火を眺めるだけだったんですが、今回は会場近くの河川敷から観賞してきました。

 

やっぱり、遠くにちらっと見るのとは全然違って大迫力でめちゃくちゃ綺麗でしたね・・・

 

ですが、やっぱり初めての近場での鑑賞という事で色々と反省もありました。

 

というわけで、今回は淀川花火大会を河川敷から観賞して感じた注意点を5つ書き残しておきます。

 

来年の淀川花火大会の参考にしてみて下さい!

今回観賞した場所

さっそく注意点!

 

といきたいんですがまずは、今回どのあたりで観賞したのか紹介しておきますね。

f:id:kometika:20180804235106p:plain

この辺りだったんですが、ここはかなりいいスポットでした。

 

f:id:kometika:20180804235412j:plain

打ち上げ場所はここだったんですが、近すぎず遠すぎずという距離感だったので人もまだらでのんびり見れましたね。

 

打ち上げ場所に近づきすぎると人が多くなりすぎますし、今回ぼくが見たあたりでも十分綺麗に見えるので、近づきすぎない方がオススメです。

 

淀川花火大会を河川敷から観賞する際の注意点

f:id:kometika:20180805004118j:plain

階段の側に陣取らない

 

まず初めに、階段の側はやめておいた方がいいです。

 

花火が打ちあがる側に座れば大丈夫なんですが、打ちあがる方角に階段をはさむと花火を見ている最中に人が通ってめっちゃ気が散るんです。

 

友人が一生懸命写真を撮ろうとしていたんですが、人がいいタイミングで通るんですよ(笑)

 

けっきょく大体の写真に人が写ってしまって、不満そうでした。

 

集中して観たいなら、階段の側は避けておいた方が無難です。

 

トイレは早めに

 

トイレが本当に無いんですよ……。

 

河川敷付近のコンビニなどはほとんどトイレ使用不可になっています。

 

河川敷にもほとんどトイレはありません。

そもそも人が多くて、使えそうになかったです。

 

なので場所を取ってしまうと、もうトイレは諦めないといけなくなるので早めに済ましておきましょう。

 

早く着きすぎると辛い

 

場所取りしなきゃ!!

 

といきこんで、16時頃には河川敷に到着して場所を取っていたんですが……。

 

まぁ~めちゃくちゃ辛かったです(笑)

 

打ち上げ場所に近づいて観たいなら良い時間だったと思いますが、ぼくの座っていた辺りならぶっちゃけ19時ごろに来ても余裕でした。

 

絶対に近い場所で観たい!!

 

という方以外は、陽が落ち始める18時前後に来るのがベストじゃないかなと思います。

 

ビニールシートと小さな椅子は欲しい

 

河川敷はある程度狩られていますが、草が覆い茂っています。

 

それに、たくさんの人が来るので残念ながらある程度ゴミが落ちていたりします。

 

なので、ビニールシートはぜったい持ってきた方がいいですね。

場所取りにも使えますので。

 

小さな椅子は、座っていて痛くなってしまったので欲しいと思いました。

 

ビニールシートは必須。

小さな椅子は余裕があれば持っていきましょう。

 

切符は買っておく

 

 最後に一番の注意点です。

 

電車で来る方は、絶対に帰りの切符をあらかじめ買っておきましょう。

それか、帰りの料金がチャージされたICカードの準備ですね。

 

もう帰りはえらい人ですから(笑)

 

臨時の駅入場口で、切符を売っていますが何が何だかわかりません(笑)

 

再三になりますが、電車で来るならスムーズに帰れる準備を整えておきましょう。

 

見る場所おすすめ

最後にちょっと淀川花火大会を観るのにオススメしたい場所を紹介して終わろうと思います。

 

その場所は、スカイビルの空中庭園展望台です。

 

www.kuchu-teien.com

 

スカイビルでは、淀川花火大会に合わせて特別開放を行っているみたいなんです!

 

入場料金がかかってしまうので無料では観れないんですが、あそこから観たら絶対きれいだと思ったんですよね……。

 

立地も梅田からすぐ側ですし、入場は抽選制なので場所取りも必要ありません。

 

来年は、淀川花火大会を綺麗に観たいという方は、こちらの場所も候補に入れてみてはどうでしょうか?

 

気になった方は、今年は7月の15日から29日までの抽選期間だったようなので、来年もそのあたりを目途に確認してみて下さい!

 

 

 

というわけで、淀川花火大会を河川敷で見る際の注意点を5つ書かせていただきました。

 

よかったら参考の一つにしてもらえればうれしい限りです。

 

来年はあなたが楽しく綺麗な花火を観れますように……。

 

 

それではっ!

暑さにやられてグロッキー気味の近松おこめでした。