近松おこめの秘密基地

ほっと一息。ちょっとお得。

はてなブログで間違って記事を更新してしまった際の復元方法。

f:id:kometika:20180809155103j:plain

いや〜焦りました。

 

先ほど、ぼーる丸さん主催のBLOGHIVE PROJECTという共同ブログに自己紹介記事を寄稿したんですが、その際に謝って消してはいけない記事を消してしまったんです。

 

やっ…やっちまったぁ!!!!

 

めちゃくちゃ焦ったんですが、何とか元通りに記事を復旧することが出来ましたね…。

 

 

というわけで今回は、はてなブログで記事を謝って更新してしまった際の対処法を書き残しておこうと思います。

謝って更新してしまっても焦る事はない

ぼくがやらかした状況をもう少し詳しく説明しますね。

 

BLOGHIVE PROJECTでは自己紹介記事を書く際、テンプレートというものがあったんです。

 

なので、テンプレートを開いてそれを修正しながら記事を書いていったんですね。

f:id:kometika:20180809145705p:plain

f:id:kometika:20180809145928p:plain

ここまでは良かったんですが、うっかりその記事をそのまま更新してしまったんです。

 

f:id:kometika:20180809150400j:plain

f:id:kometika:20180809150656j:plain

 結果元あった、記事用テンプレート記事の上にぼくの自己紹介記事が上書き保存されて消えてしまうという事態になってしまいました。

 

かなり焦ったんですが、さすがはてなブログ様。ちゃんと復旧する方法があったんです。

 

f:id:kometika:20180809151455j:plain

 まずは、記事の管理画面に飛びます。

 

f:id:kometika:20180809151824j:plain

そして、画像の通り更新してしまった記事の編集ボタンを押して、編集履歴を見るを押します。

 

f:id:kometika:20180809152136j:plain

 すると、その記事を編集してきた履歴が表示されます。

 

そこから、戻したい状態の履歴から編集を押すと……。

 

f:id:kometika:20180809152447j:plain

このように更新してしまう前の状態の記事が出てきますので、更新するを押せば元通りに戻すことが出来ます。

 

もし消去してしまったら?

ちなみに、もし消去してしまった場合も30日以内なら復旧は可能です。 

f:id:kometika:20180809153222j:plain

 まず、先ほどと同じく記事の管理画面から、ゴミ箱を選択します。

 

f:id:kometika:20180809153227j:plain

 すると過去に消去した動画一覧が見れるので、そこから復元するを選択します。

 

f:id:kometika:20180809153233j:plain

すると、消去した記事の編集画面が開かれますので、公開するを押せば復元できます。

 

その際、公開は消した以前に投稿した時間での復元となります。

 

f:id:kometika:20180809154402j:plain

もし、新しい記事として公開したい場合は編集オプションから現在時刻に合わせましょう。

 

まとめ

最近は色々とやらかして焦ってしまう事態が多いです。この間も、初めて深夜バスに乗り遅れてしまいましたしね。

 

 

ですが、冷静に対処すれば何とかなる場合も多い事を学びました。

 

少なくともはてなブログでの誤った更新や消去した記事なら元に戻すことができます。

もし同じ状態になってしまっても落ち着いて対処してくださいね。

 

 

それではっ!

しばらくは大人しく過ごそうと決めた近松おこめでした…。