コメチカレポート

気になることを検証したり、おすすめ作品を紹介する雑記ブログ

 

何から始める?来年の就活生がやっておいた方がいい事まとめ

f:id:kometika:20181130214130j:plain

 

どうも、近松おこめです。

 

 

ぼくは大学4年生なんですが、最近やっと就活が終わりました。 

 

 

一応何とかなったんですが、こうして終わってみるとやっぱり

 

 

あ〜もっとこうしておけばよかった…

これもっと早い段階で知ってたらな…

 

 

って事がいっぱいあったんですよね。

 

 

なので今回は来年の就活生に向けて、現役就活生のぼくが考えるやっておいた方がいいことを伝えておきたいと思います。

 

 

就活はなるべく早く始めた方が楽

 

まずなんですが、皆さん就活っていつから始まるものか知っていますか?

 

 

2018年現在、就活は

 

 

  • 3月に説明会解禁
  • 6月に採用面接や選考解禁

 

 

となっているんですが、実際には3月から一次面接が行われる企業が多いんです。

 

 

そのため、正式に始まるのは3月でも、出来るだけ早く始めておいた方が楽になると言えます。

 

何から始めればいいか分からないなら、とりあえずSPIを勉強しよう

 

といっても、何から手をつけていいか分かりませんよね?

 

 

そんな方はとりあえずSPIの勉強をする事をオススメします。

 

 

先ほど3月から一次面接は始まると言いましたが、そのほとんどはSPIなどの常識問題なんです。

 

 

問題自体は簡単なんですが、時間制限だったりで慣れていないと厳しいんですよ。

 

 

3月になって急いで勉強するより楽なので、何をやっていいか分からないならとにかくSPIを勉強しておきましょう。

 

 

 

 

ぼくは、この本にお世話になりました。

 

 

過去問や解き方の解説なんかが丁寧だったのでオススメしておきます。

出来たらインターンシップに参加しよう

 

出来るならインターンシップには参加しておきましょう。

 

 

ノーリスクかつ無料で社会を体験できるまたとない経験ですからね。

 

 

行きたい会社が分からない人にとっては考えるきっかけになりますし、運が良ければ内定も出ることがあります。

 

 

実際、同期の子はインターンシップに参加して就活解禁の前から半分内定が決まってましたし。

 

 

あと、あまり大きな声では言えないんですが他県での生活を体験するためにも使えます。

 

 

ぼくは静岡で働きたいという思いがあったので、静岡の会社で1週間くらいのインターンシップを行いました。

 

 

交通費や昼ご飯も奢ってもらって、インターンシップと言いながら営業周りのついでに色々な所を案内してくれたりと、すごくいい体験になったんですよね。

 

 

こんな使い方もありますので、インターンシップはぜひ参加してみるべきだと思います。

 

 

なりたい業種は絞らなくていい

 

これは、すごく個人的な意見なんですが興味を持った業種なら大学が何学部だろうと関係なく目指すべきです。

 

 

私の大学は〜学部だからこの業種にする!

 

 

と決めつけて就職活動を行ってる人をみかけますが、大学生で勉強した事を活かせる職種に就いてる人ってあまりいないみたいです。

 

 

もし活かせても、実際に活用できるかは微妙な人がほとんどみたいですし。

 

 

それなら、最初から業種を絞らずに、自分の興味ある業種にもチャレンジした方がいいですよね?

 

 

自ら進路を狭めるのではなく、本当は何がしたいのかを正直な気持ちで考えてみましょう。

興味のあることに全力で打ち込もう

 

これを読んでいる方はけっこう時間が有り余ってる大学生が多いかと思います。

 

 

それなら興味をのあることに全力で打ち込みましょう。

 

 

ボランティア活動をしてみたり、旅行でも興味のあることならなんでもいいです。

 

 

その経験はもしかしたら将来の仕事に繋がるかもしれませんし、そうでなくても面接で人事の興味を引けるので無駄になることは絶対ありません。

 

 

特にやりたいことが無い場合は、プログラミングの勉強をするのがいいと思います。

 

 

オタクには親切に。あなたたちは、いつか、彼らの下で働くことになるでしょうから。

 

by ビルゲイツ

参照:(プログラミングは必要ないのか?偉人が語る重要性と必要性とは | 侍エンジニア塾ブログ | プログラミング入門者向け学習情報サイト

 

 

ビジネス上で大きな成果をあげた偉人の多くが、これからの時代はプログラミングだと言っています。

 

 

オンラインで自宅に居ながら勉強できるTechAcademy

 

 

  1. 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  2. チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
  3. オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

 

 

とプログラミングを勉強するには、かなりサポートが充実しているので、気になった方は全ての機能を1週間体験できるオンラインブートキャンプ無料体験に申し込んでみて下さい。

分からなくて不安なことは先輩や詳しい人に聞こう

 

来年就活を控えている方は、多分就活ってどんなものか分からなくてすごく不安ですよね。

 

 

その不安が就活を怖いものにしてしまって、本当に自分がしたいことが見えなくなっている方も多いと思うんです。

 

 

とにかく分からなくて不安な人は先輩や詳しい人に話を聞いてみましょう。

 

 

もちろん僕でもいいですし、身近な先輩でもいいので、話を聞いてみたらきっと不安も和らぐはずです。

 

 

www.cryptocurrency-bioresearch.com

 

 

直接話すのが苦手な方はブログを読むだけでもすごく為になると思います。

 

 

以前、スポンサーをしてくださったくりぷとバイオさんという方は、理系就活生向けの記事というあまり情報が無い事を詳しくまとめて下さっていますので(^^)/

まとめ

 

  1. SPIの勉強をする
  2. インターンシップに参加する
  3. なりたい業種を絞らない
  4. 興味のあることに全力で打ち込む
  5. 先輩に話を聞く

 

悔いのない就職活動を!!

f:id:kometika:20181130214109j:plain



就活は大変です。

 

 

でも、自分の人生を見つめるすごく大事な機会だとぼくは思います。

 

 

厳しい現実に打ちのめされそうになるかもしれませんが、そんな時はぼくのようなチャランポランな先輩でも何とかなったんだと、もう少しだけ頑張ってみてください。

 

 

たった半年くらいの事ですから。

 

 

最後に笑える就活になる事を心から願っています…。

 

 

それではっ!