近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

さらば愛しの連休…休み明けの気分を切り替える方法

f:id:kometika:20180820094204j:plain

どうも。

長期連休に永遠の片思いをしている近松おこめです。

 

 

休み明けってどうしてこんなに辛いんでしょうね…。

ぼくはブラックな研究室の学生の為、あんまり休みが無かったんですが、それでも何日かのお休みの後は気分沈みます。

 

もう休みが終わったことは認めようッ!

だから、せめて早く身体を慣れさせたい…!

 

というわけで、今回は休み明けのマインドリセット法をいくつか調べてきました。

 

辛いのは分かりますが、ここにも同じ思いを抱えた仲間がいます。

1人だけじゃありません。

 

共に戦い抜きましょう…!

規則正しい生活に戻す

休みの日=夜更かし

 

普段見れない映画を見たり、ダラダラしていると生活習慣が乱れるのはもはや人間の性と言えるでしょう。

 

しかし、休み明けに辛くなってしまう理由の一番大きな理由は生活リズムを突然変更されることにあるようです。

 

なるべく早く規則正しい生活に戻しましょう。

絶対帰ってきてからゲーム実況を一から見直しなんてしてはいけません。

 

 

 

ちゃんと早めに床についたとしても、しっかりとした睡眠がとれていない場合もありますので、寝具を見直してみるのも大事かもしれません。

 

特に枕は大事らしいので良さそうなのをいくつか貼っておきます。

 

ぼくもしなびた野菜みたいな独特な硬さの枕を使っているので、ちゃんとした枕を使いたい…。

 

www.kometika.net

 

100均でも良質な睡眠を取るための便利グッズが売られていますので、良かったらこちらもご参考までに。

 

食事を胃に負担が少ないものにする

意外ですが食事も辛くなる一因みたいです。

 

休みになるとついつい美味しいものばっかり食べてしまいがちですよね。

 

ぼくはあまりご飯物は食べませんが、日頃のストレスからか連休中はお菓子を暴飲暴食してしまいます。

 

休み中なら体力があるので特に問題ないかもしれませんが、休み明けにこれをやってしまうと胃が弱っているので疲れが取れなくなってしまうみたいです。

 

脂っこいもの塩分の多いもの甘いものなんかも胃を刺激してしまうみたいなので食べ過ぎは要注意ですね。

 

スロースタートでいい

いっつも思うんですけど、休み明けはバリバリ働けっておかしいですよね。

 

のんびり泳いでいた魚を激流に放り込むようなものじゃないですか?

 

いくら魚だろうと、すぐに疲れるに決まってます。

 

人間も同じでいきなりいつも通り頑張ってしまうと、休みとのギャップで疲れを感じてしまうようです。

 

最初はスロースタートでいいので、ちょっとずついつもの調子に戻していきましょう。

 

ハードルも下げまくっていい

同じようにハードルもちょっとずつ上げていくのがいいみたいです。

 

通勤・通学できただけですごい事ですよ。

 

何だか大人になるにつれてすごい事のハードルが上がっている気がしますが、あれっていけない事ですよね〜。

 

きっと褒めてくれる相手が、年をとるうちに減っていくからなんでしょう…。

 

かといって自分にそんなに厳しくする必要は無いです。

どうせ社会は鬼みたいに厳しいんですから…。

 

時間に余裕を持つ

時間の余裕は心の余裕といいますよね。

やっぱり時間に追われていると、中々辛さが抜けないみたいです。

 

いつもより早い電車に乗るだとか、用意を前日にしておくなど時間に余裕を持って行動しましょう。

 

考えてもしょうがない!

考えないことってけっこう最強の手段みたいです(笑)

 

とにかく一日一日をこなしていく。

本末転倒かも知れませんが、案外すぐに身体は慣れていくみたいですね。

 

今までの方法を試しても、ダメだったならもう考えるのをやめちゃいましょう(笑)

 

どうしてもダメなら逃げましょう

それでも、本当にダメだと思ったなら今いる環境から逃げ出すことも考えた方がいいと思います。

 

頑張らないという事はいけないことだと思いますが、頑張りすぎも悪だとぼくは考えています。

 

 最近ではこんな素敵な本が出るほど、逃げることが悪という空気が和らいできています。

 

環境を変えれば楽になることも全然ありますからね。

どうしても辛かったら、壊れる前に逃げちゃいましょう。

 

 

 

というわけで、休み明けのマインドリセット法をいくつか紹介してきました。

 

休み明けは辛いですが、もう二度と休みが来ないわけではありません。

また、あの輝かしい日々はやってきます…。

 

ひとまずは今週一週間、なんとか乗り切っていきましょう。

 

 

それではっ!

最近はストレスで常にお腹を壊している近松おこめでした!