西宮神社で行われる福男選びの参加方法と実際に参加して感じた注意点

どうも、最近手足の冷えが本格的な悩みになってきた近松おこめです。

 

 

毎年1月10日になると行われる「福男選び」

 

 

若者から大人まで入り乱れ、開門と共に全力疾走する姿はどんな行事なのか知らなくても目にしたことはあると思います。

 

 

今回はそんな「福男選び」に人生で初めて参加してきましたので、「福男選び」に参加する方法や実際に参加して感じた注意点について書き残していこうと思います。

 

 

福男選びってそもそも何なの?

 

 

よく目にしますけど、そもそも福男選びって何なんですか?

 

 

「福男選び」を知らない人は少ないと思いますが、「福男選び」ってそもそも何なのかを説明できる人は案外少ないと思います。

 

 

ぼくも正直、参加して帰ってきた今になるまでよく知りませんでした。よく知らないまま走ってました(猛省)

 

 

開門神事(かいもんしんじ)福男(ふくおとこ)選び 十日 午前六時

十日えびす大祭が終了すると、午前六時を期して表大門(おもてだいもん)が開かれ、外で待っていた参拝者は、一番福を目指して二百三十m離れた本殿へ「走り参り」をします。これを「開門神事」といい、西宮えびす独特の行事として、江戸時代頃から自然発生的に起こってきたといわれています。(参照:えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト - 年中行事・祭典詳細

 

 

西宮神社の公式サイトによると、「福男選び」は江戸時代頃に始まった行事みたいです。特に難しい事はなく、とりあえず本殿へ一番早くたどり着いた人を今年の福男として認定する行事だと考えればよさそうですね。

福男になるとどうなるの?

 

 

福男になるとどうなるんですか?

 

 

これも気になって調べてみたんですが、福男になったからといって神社に1年間祀られたり、生活が大きく変わることは無いようです。

 

 

開門神事・福男の副賞

一番福・えびす様の御木像(大)、えべっさんの酒菰樽、えべっさんの米1俵、半被

二番福・えびす様の御木像(小)、えべっさんの米1俵(60kg)、半被

三番福・えびす様の御金像、八喜鯛(焼き鯛)、半被

参照:(えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト - 年中行事・祭典詳細

 

 

1番から3番までの人はこれらの賞をもらって、年に数回西宮神社で行われる行事に参加しなければいけないくらいで、特にやらないといけない事は無いみたいですね。

 

 

しかし、福男になると

 

 

 

自分の福を周りに分け与える

 

 

 

という重要な役割を背負う事になります。特にやらなければいけない事はありませんが、福男になると神様からの重要な使命を背負う事になるというわけですね。

福男選びの参加方法

 

自分も福男になりたいです!!

 

 

そんな「福男選び」の気になる参加方法ですが、まずざっくりとした流れを説明しますね。

 

 

午前0時…抽選

 

午前3時…Bブロック当選者(150人)赤門前集合。場所決めと説明

 

午前4時…Aブロック当選者(108人)赤門前集合。場所決めと説明

 

午前4時40分…リハーサル。

 

午前6時…福男選びスタート

 

 

「福男選び」はこのような流れで行われます。順を追ってもう少し詳しく説明していきますね。

 

福男選びの参加は抽選制

 

まず、福男選びは抽選で走る位置を決めます。早い者勝ちで参加できるわけではありません。

 

 

f:id:kometika:20190110181901j:plain

 

抽選ですが、正面の赤門がある所から左手に進んだ場所で行えます。とにかく寒いので防寒はしっかりとして行きましょう。

 

 

 

 

 

 

特に手足は冷えるので、しっかりとした手袋と靴下を履いていくのがオススメですね。待つ時間は暇なので、スマホをいじれる手袋ならベリーグッドです。

 

 

寒い中待つの嫌だし、抽選なら別にゆっくり行けばええやん!!

 

 

と思うかもしれませんが、残念ながら抽選は先着1500名までなのであまり遅く行ってしまうと引くことが出来ません。

 

 

今年の状況を見るに午後10時までに到着すれば問題ないと思います。次の日が休みだったらもう少し早いといいかもしれませんが、それでも9時に到着すれば確実だと思いますね。

 

 

f:id:kometika:20190110161737j:plain

 

抽選の前にこのような紙を書かされます。ほとんどの人は問題ないみたいでしたが、時々靴で注意を受けている方がいたみたいなので走りやすい靴で来た方がいいですね。

 

 

また、福男選びに参加すれば終電は間に合いません。その辺りも考慮に入れて、「福男選び」の抽選に参加しましょう。

 

 

ぼくは自転車で行ったんですが、走り終えた後に帰るのがマジで辛かったのでやっぱり車が最強だと思います。

 

抽選に当選したら

f:id:kometika:20190110163306j:plain

 

抽選に当選したら、こういった紙をもらって一旦解散。ここから早くても約2時間くらい待機となります。

 

 

 

 

ずっと外で待っている方もいましたが、やはり寒いのでどこか室内に入るのがいいと思いますね。近くに夜中でも空いているカラオケボックスがありますのでそこがオススメです。まねきねこは近すぎるので少し混んでいるかもしれませんが、ジャンカラは比較的に空いていました。

 

 

午前3時になるとBブロックの人たちが赤門前に集合となります。

 

 

f:id:kometika:20190110182253j:plain

 

ちなみに、各ブロック毎に走る場所がこのように決められています。Bブロックから福男になった人はいないみたいなので、正直Aブロック以外は当たってもハズレみたいなものらしいです(笑)

 

 

f:id:kometika:20190110171749j:plain

 

ですが、このような記念品がもらえるようですし、やはりいい経験なので当たると嬉しいですね(^^)/

 

 

Bブロックに場所決めと説明を行った後は、Aブロックが4時頃に集合して同じことを行います。それが終わったら再びBブロックも集合して、今度は一度実際に走ってみるリハーサルをします。

 

 

あとは6時のスタートまでずっと待機。芸能人の方が話してくれたり、取材陣の方がいっぱいいたりするみたいですが、やっぱり退屈ですしこの時間が一番つらいと思いますね…。

 

走り終えたら?

 

6時になるといざ、スタートです!

 

 

まずAグループの方が出発して、こけている方がいないか確認してからBグループが出発となります。

 

f:id:kometika:20190110172610j:plain

 

f:id:kometika:20190110172536j:plain

 

ルートは特に迷う事はないと思いますが、写真の赤門から本殿までの約230メートルを走ります。

 

 

走り終えたら、3番福までは賞品の授与、鏡開きを行うみたいですね。

 

 

それ以外の方は、特に何もすること無く解散という流れになります。

 

 

f:id:kometika:20190110173035j:plain



しかし、先着五千名の参拝者には「開門神事参拝之証」という記念品がもらえますので、帰る前にもらって帰るといいと思いますね(^^)/

 

 

f:id:kometika:20190110173652j:plain

 

貰える場所は、賽銭箱や大きなマグロが置いてある場所を左手に抜けた所になります。

 

 

神社の方が呼び掛けていると思うので、分からなかったら話を聞いてみると教えてくれるはずです。

福男選びの注意点

 

以上が「福男選び」の参加方法となります。ここからは実際に参加して感じた注意点をいくつかまとめていきますね。

 

電車で来ると帰れなくなる

 

先ほども書きましたが、電車で来てしまうと終電が無くなってしまうので帰れなくなります。

 

 

車で来る、またはホテルなど泊まれる場所を近くに確保しておく事をオススメします。

 

 

駐車場について

 

周辺のホテル情報

 

服装は走りやすい服装で

 

これも先ほど書きましたが、走りやすい服装でなければ参加できない場合もあります。

 

 

あまりうるさくは言われませんが、防寒対策をしっかりしつつ走れる服装で行くようにしましょう。

 

友達と行く場合は予めどうするか決めておきましょう。

 

「福男選び」は抽選制です。

 

 

そのため、友達同士で行くと誰かだけが当たるというのも充分考えられます。

 

 

一度当たってしまえば、そのあとは別行動となるので、はずれた人は帰るのか等どうするか決めておくのがいいですね。

 

身の安全が最優先

 

「福男選び」に参加資格みたいなものは特にありません。大人から子供まで、あまり見ませんが女性の参加も全然OKです。

 

 

しかし、やっぱり女性や子供だとかなり危険だと思いますね。開門すれば一気に人の波が押し寄せるので、ケガの危険も十分にあります。

 

 

身の安全を最優先にして、ヤバいと思ったら無理をせず自分の身を守ることを考えましょう。

一番楽しめる福男選びの楽しみ方

 

 最後に「福男選び」の一番楽しめる方法を書いておきます。

 

 

それは、福男になる事をはじめから捨てることです。

 

 

は?何言ってるんですか?

 

 

実は福男選びはA・Bブロックまでは抽選制なんですが、それ以降は先着順で走ることが出来ちゃうんですよ!

 

 

そのため、夜中の0時から寒い思いをして抽選しなくていいので「福男選び」に気軽に参加することが出来るんです。

 

 

まぁ絶対に福男にはなれませんが、芸能人の方も多数来てるみたいでしたし、いい思い出になるので、先着順で走るのが一番「福男選び」を楽しめると思いますね。

 

 

先着順といっても、今年の感じを見るに5時までに来れば走ることが出来そうでした。4時30分なら余裕だったので、来るならそれくらいの時間到着を目途に考えるといいと思います。

 

 

集合場所は同じく赤門前。行列が出来ているのですぐにわかると思いますが、分からなかったら警備員の方がいっぱいいるはずなのでその方に聞いてみましょう。

 次の福男は君だ!!

f:id:kometika:20190110182725j:plain

 

というわけで以上が「福男選び」の参加方法と実際に参加して感じた注意点でした。

 

 

この記事を読んだあなたが来年の福男になればこれほど嬉しい事は無いですね(^^)/

 

 

もし福男になった際はぜひともインタビューでこの記事が参考になったと答えてくれればうれしいなと思います(笑)

 

 

それでは!

 

 

神の山と呼ばれる「三輪山」に登ってきました。神さま繋がりでこちらもぜひ行ってみてはいかがでしょうか?