近松おこめの秘密基地

「ほっと一息。ちょっとお得」をテーマに、若者向けに様々なジャンルの記事を書いています

近松おこめの秘密基地

琵琶湖で見た一面の彼岸花。近松おこめの本当は教えたくないスポットを紹介します。

 

よく変わってるって言われるんですけど、ぼく彼岸花が大好きなんですよね。

 

人が死んだ場所に生えてくるとか持って帰ると家が燃えるとか言われてたり、毒があったりしますけど鮮やかな赤の花びらは何とも言えないくらい美しいですし(^^)

 

また厨二病のぼくにとっては嫌われ者感になんとなくシンパシーを感じてしまいますしね…。

 

一番好きな花はなに?って聞かれたら迷わず彼岸花って答えられるくらいです。

 

 

 

とはいえ、ぼくもつい最近までは彼岸花ってあんまり好きじゃなかったんですよ。

 

常人の3倍くらい怖がりなぼくにとっては、色々謂れのある彼岸花はやっぱり怖くて見かけたらなるべく目を合わせないようにしてました。

 

修学旅行で京都の清水寺に行った時は清水の舞台の下に生えている彼岸花がマジで怖がっていた思い出があります(笑)

 

 

 

そんな苦手意識が克服され、彼岸花が一番大好きな花にまで昇格したのはやはり理由がありまして。

 

ぼくの彼岸花に対しての苦手意識は琵琶湖で一面に咲く彼岸花を目にしてから変わったんです。

彼岸花の聖地「桂浜園地」

 

琵琶湖には彼岸花の聖地とぼくが勝手に呼んでいるほど沢山の彼岸花が一斉に咲く場所があるんです。

 

そこは琵琶湖の上の方に位置する桂浜園地という場所なんですが、まずはとにかく写真をご覧ください。

 

f:id:kometika:20181005141535j:image


f:id:kometika:20181005141543j:image


f:id:kometika:20181005141549j:image


f:id:kometika:20181005141525j:image

 

 

いかがでしょうか?

 

ぼくの写真の腕でどこまで伝わったかわかりませんが、めちゃくちゃ綺麗ですよね。

 

 

 

彼岸花ってけっこうポツンと咲いているものをイメージすると思うんですけど、ここまで沢山咲いていると本当に圧巻の一言でした。

 

この場所の景色を目にして以来ぼくの彼岸花に対する考えは一変し、生まれ変わったら彼岸花になりたいと思うほど彼岸花大好き人間になったんです。

 

 

 

正直隠れスポット的な感じであまり教えたくはなかったんですけどね…(笑)

 

最近、彼岸花好きがあまりいないという事にショックを受けて紹介してみました。

 

彼岸花が嫌いという方もこの景色を見たらきっと好きな花になると思います。

 

ぜひ機会があれば一度訪れてみてはいかがでしょうか?

アクセス

f:id:kometika:20181005143730j:image

 

所在地:滋賀県高島市今津町桂(桂浜園地)

お問い合わせ:0740-33-7101(琵琶湖高島観光協会)

 

JR近江今津駅からあいあいタウン線(予約乗合タクシー)で「北仰東」下車、徒歩約10分

 

ヒガンバナ群生地 | びわ湖高島観光ガイド

 

また会う日を楽しみに

 

彼岸花の見頃は9月上旬から中旬までとなっています。

 

なので残念ながら今年の見頃はもう終わってしまっているんですよね。

 

さっき枯れている彼岸花を見て記事にする事に決めたので少々時期がずれてしまいました…。

 

 

しかし、彼岸花の花言葉は

 

「また会う日を楽しみに」

 

だそうです。

 

そんな彼岸花はきっと来年も変わらず美しい景色で訪れる人たちを待っていてくれるでしょう。

 

 

 

気長に待つのも一興。

 

それも彼岸花の楽しみの1つなのかもしれません。

 

この記事を読んでくれた皆さんがぜひ来年美しい彼岸花と出会えることを願っております…。

 

 

 

 

 

 

 

以上、なんかいい話っぽくまとめて書くのが遅れたことをごまかそうとしている汚い大人の近松おこめでした。