コメチカレポート

気になることを検証したり、おすすめ作品を紹介する雑記ブログ

 

【ハンターハンター考察】ヒソカはどこにいるかを考えてみる

どうも、ハンターを目指す近松おこめです。

 

 

ハンターハンター…面白いですよね!

 

 

長らくの休載から連載を再開し、現在は王位継承戦編がかなりの盛り上がりをみせております。

 

 

そんな中で現在、かなり色々なところで考察が行われ議論が活発な内容があるんです。

 

 

それが、ヒソカの行方。

 

 

今回は、様々な考察からヒソカの行方を考えてみたいと思います。

 

ヒソカの現状

 

現在、ヒソカは幻影旅団全メンバーと命がけの鬼ごっこという1億円貰ってもやりたくない事をやっています。

 

 

何の罰ゲームだよって感じですが、しかし喧嘩を売ったのはヒソカから。

 


天空闘技場でクロロに有利な条件で勝負をし、敗北したヒソカさんは邪魔な幻影旅団を出会った端から片っ端に殺していくと宣言しました。

 

 

そして、実際にメンバーのシャルナークとコルトピを殺しています。

 

 

 

詳細は34巻を読んでみて下さいね。

 

 

その後、暗黒大陸に向かう船の中にカキンの王族がお宝を持ち込むという事で、それを狙って幻影旅団全員が船へと乗り込み、その幻影旅団を狙ってヒソカも乗り込み、まさに一触即発のバトルロワイアルが始まろうとしている現状なんです。

 

 

 

 

いやーさすがヒソカさん…。

 


とはいえ、旅団全員にまとめてかかってこられるとさすがのヒソカでも勝てません。

 

f:id:kometika:20181017194246j:plain

 

クロロとタイマンするためにわざわざ幻影旅団に入ったり、ヨークシンでクラピカと手を組もうとした事からもそれは明らか。

 

 

そのためヒソカはこっそりどこかで機を伺っているはずだと考えられます。

ヒソカの行方

 

ではどこで、どんな風に機を伺っているか気になりますよね?

 

 

まず現在のヒソカの身体的特徴ですが、クロロとの死闘の影響で顔と左腕と右足を負傷し、ゴムで型取り、ドッキリテクスチャーで見た目だけ復活しているんです。

 

 

それを踏まえると、ある考察が生まれてきます。

 

 

それが、ヒソカの変装している可能性についてです

 

 

ゴムで型取っただけの身体ですから、大きさも自由自在。

 

 

かつドッキリテクスチャーの能力で自身の顔を再現できたことから、他の人の顔でも再現できると考えられます。

 

 

つまり、完全に他人の姿になることが可能なんですね。

 

 

ヒソカの性格からこそこそと隠れる事はあまり考えられません。

 

 

よって船に乗っている誰かに変装して気を伺っている可能性が高いです。

 

 

その事から現在、ヒソカが変装しているのは誰なのかって事がめっちゃ話題になってるんですよね。

 

 

そこで、ヒソカが変装している最も可能性の高い人物をまとめてみました。

 

ベレレインテ説

f:id:kometika:20181017210721j:plain

 

ヒソカって実は190㎝を超えてるんですよ。

 

 

幻影旅団も身長190を超える男という手がかりでヒソカを探していましたし、無くなった足は片方だけなので身長は変えられない事から、この手掛かりは有力であると考えられます。

 

 

その手掛かりから浮かび上がるのが、現在船に乗っていて190を超えるべレレインテという男です。

 

 

喋り方も独特のオネェ口調でヒソカを連想させますよね。

 

 

 

 

しかし、ヒソカの事ですからもう片方の足も切り落として身長を偽るくらいの事はしそうです。

 

 

それに、現在は1層で王の警護をしており、クロロ達幻影旅団がいる層とは離れているので、ヒソカの目的から考えると少し遠回りしすぎな気がします。

 

イルミ説

 

現在一番有力な説がこちらになります。

 

 

衝撃ですが、先日発売された新刊によってこの説が一気に有力なものとなりました。

 

 

 

f:id:kometika:20181017202145j:plain

 

まずは、36巻の表紙。

 

 

これは、12巻の表紙と似ていて、死んでしまったメンバーの場所に花が植えられるという構図になっています。

 

 

一番気になるのが、どうしてイルミだけ花を持っているかですよね?

 

 

ここで、ヒソカがイルミに変装していると仮定すると全てが解決します。

 

 

そう…すでにイルミは死んでいると仮定すれば。

 

 

イルミが持っている花をイルミ自身の死を暗示する花であると考え、それを変装したヒソカが持っていると仮定すればこの表紙の謎も腑に落ちますよね。

 

 

それを裏付けるかのように、作者コメント。

 

f:id:kometika:20181017202841j:plain

 

あえてネタバレしているという一文と共に冨樫神は意味深な口のイラストを描いています。

 

 

表紙のイラストでは、何故かイルミだけ口がありません。

 

 

死人に口なしって言葉があることを考えるとやはりイルミはヒソカに…。

 

 

f:id:kometika:20181017203351j:plain

 

さらに作中でも

 

 

はーい、ボクはイルミ

敗北はイルミ

 

 

とイルミの負けを暗示していたり、手でヒのマークを作ったり一人称がオレからヒソカと同じボクに変わっていたりとそれを裏付けるような証拠も描かれています。

 

 

f:id:kometika:20181017203658j:plain

 

さらにさらに背表紙のイラスト。

 

 

イルミとクロロが描かれているんですが…。

 

 

f:id:kometika:20181017204557j:plain

 

なんと、背表紙をめくるとマチが現れるんです。

 

 

しかも、かなり剣呑な目つきで。

 

 

しかも、しかもちょうど位置的に、これってイルミをにらみつけている状態になるんですよね。

 

 

マチは一番ヒソカと縁があるキャラクターで、今回の件で最もヒソカに対する執念が強いキャラクター。

 

 

イルミがヒソカなのだとしたら、ヒソカを最もよく知るマチがその事に最も早く気づきそうなので、もしかしたら疑っているのかも…。

 

 

f:id:kometika:20181017204705j:plain

 

話の中でも、マチはイルミをめっちゃ見てるシーンがあります。

 

 

こういった点から、現在ヒソカはイルミに変装しているんじゃないという説が最も有力となっています。

 

ボノレノフ説

 

表紙にネタバレがある事を考えると、イルミの他にもボノレノフに少し怪しい点があります。

 

 

表紙でなぜかボノレノフは、普段隠していない右目を隠しているんですよね。

 

 

右目というのは「知性」や「過去をみるもの」とされており、右目を隠す行為には過去を隠すという意味があるようです。

 

 

ヒソカがボノレノフに変装しているなら、ボノレノフはこの船に乗る前にすでに死んでおり、その過去を隠しているという風に解釈できます。

 

 

それに、キャラクターの仕様ですがボノレノフにも口がありません…。

 

こいつ説

 

意外どころで言うとこういう可能性もあります。

 

 

これほんとならめっちゃ面白いですけどね(笑)

 

 

イルミの流れは盛大なミスリードで、まさかのわけわからないこいつがヒソカという神展開。

 

 

案外冨樫神ならありえますよ。

 

もはや船乗ってない説

 

これ言い始めると元も子もないですが、実際は船に乗ってない可能性もあります。

 

 

ヒソカが船にいるっていう確実な情報は出てないですからね。

 

 

あんなに大騒ぎになったキメラアントの事を知りもしなかった、世相に疎いヒソカさんならワンちゃんあるんじゃないでしょうか。

 

この船の中で決着はつく

 

まぁ船に乗ってない説とか挙げておいてあれなんですが、この船で旅団かヒソカ、どちらかは滅びると思います。

 

 

 

 

冨樫さんは幻影旅団についてこんな恐ろしい事を言っているんですよね。

 

 

ヒソカは殺ると決めれば、たとえ死んだってあきらめない執着心を持っている人物です。

 

 

旅団もまた然り。

 

 

ならば、この船でのバトルロワイアルは間違いなく、どちらかが完全に止めを刺すまでは終わらないでしょう。

 

 

とか言っときながら、人気キャラだしうやむやにするんじゃないの~

 

 

そう思う方もいると思うので、最後にクロロがいた船内の部屋番号の画像でお別れしたいと思います。

 

 

 

 

加熱するハンターハンター。

 

 

これからも一読者として楽しみにしております。

 

 

それでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kometika:20181017210417j:plain