成人式の思い出

f:id:kometika:20190114174003j:image

 

f:id:kometika:20190114174012j:image

 

f:id:kometika:20190114174022j:image

 

f:id:kometika:20190114174039j:image

 

f:id:kometika:20190114174048j:image

 

 

ぼくの成人式の思い出(実話)です。

 

 

ある意味誰よりも記憶に残る成人式になった気がしますね。

 

 

まぁ一応こんな愚行をしたのには、ちゃんと僕なりに理由というのがありまして…。

 

 

当時のぼくは…今も若干その気はありますが、皆がしているからしなければいけないみたいな考え方が大嫌いだったんですよ。

 

 

なので、こんな愚行を犯してロックを気取ってみたという次第なんです。我ながらバカですよね…。

 

 

よく成人式に行くか行かないか問題で毎年議論が行われていますが、ぼくは自分のやりたいようにするのが一番だと思います。

 

 

絶対に行くなとも言わないですし、行った方がいいとも言いません。

 

 

どういう選択をしたって、これから先はもう誰かのせいに出来ない大人になるんです。

 

 

成人式に行くか行かないかは大人としての最初の選択と言えるかもしれませんね。

 

 

まぁかっこつけた事を言いましたが、夜中に1人で行くのだけは絶対に辞めておいた方がいいとだけは忠告しておきます(笑)

 

 

それでは、新成人の皆様。

 

 

誠におめでとうございます。